トップ «前の日記(2021-06-28) 最新 次の日記(2021-07-09)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2021-06-29

_ サハリン島

王の没落も三体(死神永生)も読み終わったので、いよいよサハリン島にとりかかった。

うわっ、実に奇妙だ。

最初、先祖代々受け継いだマッキントッシュのコートを手入れしている女性の一人称から始まる。

徐々に貨物船に乗っていること、未来についての文化人類学的な研究のために、北方領土をめぐる旅についていることが明らかになる。

海には幽霊船(乗り手不在の難破船らしい)が出没して、貨物船を護衛する水雷艇が爆破する。水雷艇の乗組員になることは憧れの的らしい。その一方で、水雷艇に護衛される唯一の貨物船(他に護衛される船は天皇のお召し船だけ)だけに、その乗組員は屈折した(というのは、水雷艇の乗組員は憧れだからだが)誇りを抱いている。

貨物船には中国人労働者が大量に載せられ、ほぼ帰ることができない鉱山労働のために択捉島で降ろされる。労働者は胸に鉱石が溜まり、廃人となり、最終的には圧搾機で絞り殺されて肺にたまった鉱石0.5gとなる。

隣の船室のイヌと呼ばれていた囚人(妻と子供を殺した)は自殺すると、船長は塩漬けにして韓国人街でなにかと交換するらしい。

主人公の母親はロシア語を話せたらしいので、主人公はどうもロシア系の日本人のようだ。

サハリン島(エドゥアルド・ヴェルキン)

一体これはどうなるのか皆目見当もつかない。

異様な帝国の観察という意味では家畜人ヤプーのような作品なのか?

その一方で、この奇妙な日本は、犬ヶ島をも彷彿させられる。

犬ヶ島 (吹替版)(ウェス・アンダーソン)

先を読み進めるのが楽しみだ。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|

ジェズイットを見習え