トップ 最新 追記

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2019-02-02

_ 新国立劇場のタンホイザー

新国立劇場でタンホイザー。どえらくおもしろかった。

この演出は少なくとも1回は観ているはずなのだが、冒頭の樹がにょきにょき生えてくる情景くらいしか覚えてなくて前回はどうだったかな? と見返すとウァズニャックの漫談とか全然関係ないこと書いているが、やはりおもしろかったようだ。それにしても覚えてないな。

フィッシュの指揮はのると遅くなるタイプなのか予定時間がどんどん伸びたが、聴いている限りとても良い。東京交響楽団も立派だ(ドイツだけど読売ではないんだな)。

ケールはちょっと鼻にかかる感じのテノールでそれほど良いとは思わなかったが、リエネ・キンチャのエリザベートと、アレクサンドラ・ペーターザマーのヴェヌスは素晴らしいのではなかろうか。ヘルマンが朗々たる歌声であれ? 妻屋じゃないのかと思ったら妻屋で指揮のバランスが抜群なのか、位置(3階中央4列目)が音響的にはとても良いのか、とにかく感心しまくる。この人がだめだと2幕3幕が話にならないヴォルフラムはローマン・トレーケルという人でこれまた良い。

指揮、演出、歌手=役者(結構、棒立ち説明みたいなのが多い曲なので歌手としてはもちろん役者の能力が求められる作品だと思う。CDで聴いていると耐え難く退屈なわけだ)が良くて、合唱が飛び切り良い(巡礼もよいが、最後の女声による天使昇天の美しさがとんでもなく素晴らしかった)ので、楽しめないわけがない。

13世紀の話なので、例によってエリザベートとタンホイザーが13~14歳、ヘルマンが29歳、ヴォルフラムはちょっと年長で17歳、ヴァルターとかも14歳と考えるとしっくり来る。

結局タンホイザーは傲慢なのではなく子供そのものなのだ。

それに比べてヴォルフラムは弟分のようなタンホイザーというかハインリヒが可愛くてしょうがない。自分ができなかった14歳時代を謳歌しているからだ(ここで嫉妬しないで可愛くてしょうがないところが、ヴォルフラムの最大の美点だ)。

それで、泉を眺めるだけで良しとしようと歌うのに、ハインリヒはその心をまったく無視して(というか子供だからまったくわからないわけだ)馬鹿じゃねぇか、泉は飲むためにあるんだぜと歌うし、エリザベートはさっさと飲んでくれと演技する(らしいがそれは観ていなかった。いずれにしても3幕ではちょっとわたしもいけないことを考えたけど神様許してとか歌うので、というかヘルマンがものわかりが良くて本来なら良かったのが、タンホイザーが羽目を外し過ぎたのが悲劇の元)。普通だったらヴォルフラムはむかつくと思うのだが、この男はそれを大して気にもしないのだから実に立派な大人だな。

それ以外のヴァルターだのビーテロルフだのは才能がない子供に過ぎないのではなから相手にもならない(このあたりのタンホイザーの批評の歌の作り方はワーグナーの文才が走りまくっていて実におもしろい)。

それにしてもパルジファルのグルネマンツとかタンホイザーのヴォルフラムといった重要な第三者視点のナレーターを入れる作劇法はおもしろい。ちょっとニコラスレイみたいだ。


2019-02-09

_ 500年の航海

友人に誘われてイメージフォーラムで500年の航海。監督はキドラットタヒミックというフィリピンのアーティストで僕は完全に初耳初見だが、悪夢の香りという作品で80年代には知れ渡っていたそうだ。知らんかったな。

で、160分という長尺ものでびびったが、抜群におもしろくて驚いた。世界は本当に広いもんだ。160分の中は2つに分かれていて90分くらいの作品と、ほぼ同尺のディレクターズカットで構成される。

エンドロールが出た後に、いきなり作家本人が出てきて、きみたちディレクターズカットを観たいだろ? 特にラストがいいんだぜ、とか言いながら観点を変えて(というかメタデータをつけながら)ディレクターズカットが始まる。これがまた抜群におもしろい。確かにおもしろい作品は2回観た方がよりおもしろい。

_ 500年の航海続き

物語は世界で最初に世界一周を成し遂げた男エンリケの帰還で始まる。

帰路、猪がやってくることがわかり樹の上に逃げる。そこに張りぼての猪が出てきて樹を倒そうとする。

エンリケはフィリピン発祥の武器と17世紀のフランスの文献で紹介されているヨーヨーを使って猪を倒す。

このシーケンスの圧倒的な映像(タヒミック本人が演じているらしい樹上のエンリケとちゃちな張りぼての猪を切り替えてヨーヨーするだけなのだが、べらぼうにおもしろいのであって、凄まじいSFXというような意味ではない)にまず驚嘆した。すげぇおもしろい。

その後、山岳民族であるエンリケが毛布を追っかけて崖から落ちたところを海賊に捕まりマラッカの中国人の老婆に売られて、皿を割って折檻されて箱に隠れたところをマゼランに見つかり箱ごと買われるところから彼の世界一周が始まる。ディレクターズカット版だと毛布をパラシュートのようにしてエンリケが飛んでいるとんでもなくばかばかしい絵を見せてこちらもおもしろいが、本編の単に崖を映してナレーションだけで済ませるほうがそれっぽい。

マゼランは金がないので、木彫り技術をものしているエンリケを修道士に貸し出す。聡明なエンリケは修道士に教えられて鼻をアジア風からギリシャ風に彫ることをすぐにものする。さらには、免罪符を売るための見世物になったり、ボッスの絵の白人の美女を誘惑する茶色い獣のモデルになったりする。というあたりで、現実が超していく。

エンリケと王女の醜聞を恐れたカルロス1世によってマゼランは世界一周の資金を手に入れる。

マゼラン海峡はいまは35時間で航行できるが、マゼランたちは99日もかかった。このときものを言ったのはエンリケの望郷の念から来る方向感覚の正しさだ。世界で最初の人間GPSである。

ついにある島でエンリケはマゼランに言う。

だんな、おれはここの連中が何をしゃべっているか理解できる!

おお、やったなエンリケ。つまりお前は世界を一周したのだ!

マゼランは自分の死後はエンリケを自由にするという遺書を作る。

竹を使った楽器で悪いマゼラン一行を追い払おうとする半シャーマンのラプラプは音楽攻撃が通用しないとわかると戦闘に突入する。

マゼランは聖セバスティアンのように死ぬ。エンリケは故郷へ向かい、村人に歓待される。宴は世界一周を祝うのではなく、母が息子と再会できたためであった。

エンリケは文字が書けないので記録を彫刻に残す。

一方、記録係のピガフェッタは航海記を売るために努力する。

その家には世界中から集められたさまざまなもので埋められている。

エンリケの庭には世界中から集められたさまざまなもので埋められている。家の中にステンドグラスの1部がある。

その1部を外したステンドグラスがピガフェッタの家にある(かな? 顔の部分が抜けたステンドグラスも映像モティーフとして繰り返し出てくる)。

竹寺。

鉱山法に反対するデモ。警官隊に対して抗議の意味を説明するタヒミック。

海岸で石を拾っていると突然の眩暈で倒れる。山岳には石で彫刻を作る人と、樹で彫刻を作る人がいるのだ(と、後でわかる。なんで石を拾っているのかと思ったけど、実際は単に海岸で何をするか、石を拾うかと現実を超克したのだろう)。

それを見つけた白人の写真家が助けに行く。

棚田の道を狭い歩幅で帰る。(青々とした棚田のときと、収穫後の棚田のときの2回)

この老人を探したい。アーティストの集まりに向かう。英語で話しかけられて、おれもフィリッピン人だよ、なんだそうなのか。ビンロウを噛む。紅くならないように注意。

夫婦で言葉が違うので子供にそれぞれの言葉を教える。パチンチンという言葉があまりにもパチンチンでおもしろい。

人種のるつぼっぷりにびっくりした。これまで見たことがあるフィリッピンの人たちがわりと南方諸島の人っぽいので、そういうものだと思っていたら、東アジア系から白人そのものまでなんでもありなんだな。

いよいよ写真家は老人の居場所を突き止める。

拾い歩幅で棚田を進む(ここでは青々)。

誰だ?

エンリケだ。と写真家。

そうか、私はマゼランだ、と老人。

500年の航海が終わる。

すべてのシーンが刺激に満ちている。おもしろかった!


2019-02-15

_ 新しい車のLKASに感動した

LKAS(Lane Keeping Assist Systemの略だと思うがわからん)には心底驚嘆した。

新しく買ったFitのHonda Sensingをいろいろ試していたわけだが、やっと高速道路を使う機会があったので、ACC(Adaptive Cruise Controlの略らしいが、順応型クルーズコントロールというのだろうか、要は前を走っている車の動きに追随するってことだな)とLKASを使えるというわけだ。

ACCはすぐになるほどと思った。効果はすぐにわかる。

以前の車のオートクルーズは設定した速度をとにかく維持するだけで、前の車が上り坂になって減速、トンネルの入り口で減速と、間抜けな運転をすると当然、ブレーキを踏む(わけではなく、オートクルーズをオフにすれば自然減速するから大体OK)ことになってあまりおもしろくなかった(のは、オートクルーズという機能に対してではなく、上り坂になると減速、トンネルの入り口では減速という、たわけた運転をする運転手に対してだ。すべての車がオートクルーズ機能を搭載すれば相当渋滞が緩和するのではなかろうか)のが、自動的に減速するようになったし、運賃ゲートでは相当便利な感じだ。

しかし、なんというか、いちいち減速する間抜けな運転手と渋滞発生を推奨するような機能でもあるわけで、なんとなく納得がいかないものがある。

が、LKASってのがどうも良くわからない。車線逸脱防止機能が働いているのはわかるのだが。

が、最後にICを出たところで、LKASはちょっと離れたところのボタンを押さなければ動かないことに気付いた。速度設定と連動しているACCと違って余計なアクションが必要というのと、前の車には相当する機能がなかったから気づかなかったのだ。

というわけで、試すのは帰りにお預けとなったわけだが、帰りは高速を使わずに一般道を走るのが慣習なので、また次の機会だな……となった。

が、帰りに道に迷って、なんかとんでもない山の中に入り込んでしまった。真っ暗だしおっかないな。

で、妻が電話にOKグーグル、東京に帰りたいとか話しかけて、道案内が始まることになった。

で、グーグルは頼んでもいないのに、吉井インターチェンジというところに案内したのだった。おそるべきことに、それは一本道で逃げ場がなく、そのまま高速に入るしかない。

しかも上信越自動車道という初めて入る道だ。どこまで道に迷ったんだか。本来は本庄のほうに進むはずが長野のほうに進んでいたらしい。

まあ、でもしょうがない、と、今度はLKASをちゃんとオンにした。

するとびっくり仰天。時速100km(にACCを設定した)で、えらくクネクネした道路を勝手にクネクネ走りだすじゃないか。

高速なのに周りが真っ暗で、走っているのはやたらと低速なトラックが時々いるくらいのくねくねした道を勝手に時速100kmで走りまくられるって正直なところすごく怖い。他人の高速運転に付き合わされているようなもんだが、他人ではなくロボットなわけだ。

制限速度が実は60kmなんじゃないか? と思うくらい、時たま追い抜く車は遅いし、道はくねくねしている。が、制限かけるとLEDで速度を表示するタイプの速度標識しかないから100km/hで間違いなさそうだ。が、あまりに怖いので95km/hくらいに落とした(ら、抜いていく車が来たので、100に戻した)。

すげぇ。と、恐怖が感嘆に変わるまで数分かかったが、これが今か、と、世の中が未来に進んでいるって実感できた。

とはいうものの、関越に入ったら、車線がかすれているとフヘーと音が鳴ってLKASが解除されたり(その頃にはメーターの見方がわかった)、そもそも道が緩やかにしかカーブしていなかったりして、上信越自動車道で味わったハンドルさばきの恐怖というか驚愕というかは完全に消え失せてしまってちょっとがっかり。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|

ジェズイットを見習え