トップ 追記

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2020-01-13

_ フランケンシュタイン

子供と日生劇場(初めて足を踏み入れたような気がする)でフランケンシュタイン。韓国製のミュージカルとしてはアンクルトムに続いて2つ目だ。

物語はわりと良く知っているシェリー夫人のフランケンシュタインだが、幾つかミュージカルとして物語を際立たせるための改変がある。

主人公のヴィクトルフランケンシュタインは母親の死のショックから永遠不滅の生命というものを、母親の死に対してなんの手も差し伸べなかった神に変わって作り出そうという目的へ邁進する男として作られている。最初の子供っぽい復活のための実験を村人に勘違いされて、家を焼かれてそのときに父親も喪失している。

おそらく悲劇を際立たせるために、ヴィクトルの回りに重要な4人の人物を配する。

1人は忠実な執事で、孤児(後述する姉はいる)となったヴィクトルを父親の代わりに溺愛している。ヴィクトルに対して完全に無償な貢献を行う。

1人は姉で、ヴィクトルの気持ちもわかるが、頭の悪い村を生活の場として定めた以上は折り合いをつけさせるべきだという思いもある。唯一ヴィクトルの実験に対して反対の意見を(まともに)表明している(まともではない反対は頭の悪い村すべてなので問題とはならない)。

1人は親代わりに引き取った伯父の娘で、ヴィクトルの天才っぷりに心底いかれている。

そして、ナポレオン戦争中に不服従の罪で銃殺直前のところをヴィクトルに救い出された元医学生(人体の再利用という研究をしていたが廃棄して、やけになっている)のアンリで、ヴィクトルの生命創造への論理的な支持者である(執事と伯父の娘はおそらく同情と頭の良さに対する闇雲な支持者なので、相当異なる)。

ヴィクトルはナポレオン戦争で死体から兵士を作るというアイディアが採用されて実験をしまくっているが、ワーテルローでナポレオンが敗けたために実験途中で解散を命じられる。しかし、そのときに、停戦合意書に署名をするために子爵の失われた右腕を作るという依頼をクリア(実際の執刀はアンリが行ったらしい。またその手術の腕前が評価されてヴィクトルの右腕になれたのだろう)したために、戦争の英雄として村へ帰還する。そのため、風当たりは少し弱まることになる。

伯父さんは市長をやっているのだが、いきなりえ? と驚くほど下手な歌を歌い出すので、これはミュージカルではないのではないかと疑ってしまった。が、その後に出てきた伯父の娘が素晴らしい歌を歌ってみせて、ほっとした。やっぱりミュージカルのようだ。

ヴィクトルの研究はほぼ完成していて、焼け残った居城の地下に実験施設があるのだが、新鮮な脳みそを持つ頭が手に入らないために、失敗しまくる。

執事が、葬儀屋から入手することを思いつき、段取りをつける。しかし葬儀屋は金をすぐ欲しいもので、無から死体を生み出す。その死体が自分に対する敬意を示した医学生だったので、ヴィクトルは怒りのあまり葬儀屋を突き飛ばす。打ち所が悪くて死体が2つになった。仰天してヴィクトルも気を失う。

そこへ警察がやってきたため、アンリが身代わりとなって逮捕される。

ヴィクトルがアンリの脳髄を手に入れることもありだな、と考えていると姉がやってきて、お前はさすがにまともではないとたしなめる。(微妙に、姉とアンリはお互いに惚れあっているような描写はいくつかある)

さすがに、ヴィクトルもアイディアの外道っぷりに反省して自首する。

まるでカラマーゾフの兄弟のイワンの証言のような扱いになる。ヴィクトルは戦争の英雄なのに対して、アンリは突然あの頭のおかしなフランケンシュタインが連れてきたよそ者だから、犯人はアンリに決まっているという理屈で、徹頭徹尾、この村は2000人の狂人の村として描写される。

かくしてアンリの新鮮な首を盗み出したヴィクトルは生命を吹き込む。

だが、生まれた人間は元のアンリではなく、執事を噛み殺してしまう。怪物を作ってしまったと認識したヴィクトルは銃で撃つがもう遅い。怪物は窓から逃亡してしまう。

2幕。数年後。伯父の姿が見えない。連れて行った犬が無残に噛み殺されている。

かくして、ヴィクトルが村人を率いて山狩りが始まる(とりあえず、ヴィクトルは村人と和解できている)。

山小屋で伯父の死体とナイフを持ったまま気絶している姉が見つかる。村人たちは、やはりフランケンシュタインだと、裁判もせずに姉を吊るす。

ヴィクトルは例によって死体を盗み出して、地下の実験室で姉を生き返らせようとする。しかし、すべての機械が破壊されている。一体何が起きた? と見ると、怪物が、姿を現す。懲りない男だな。

言葉が話せるのか? とヴィクトル。

アンリの記憶はないが、知識は使えるようだ、と、怪物は自分が味わった辛酸について語り始める。

熊に襲われた女性を助けるために熊を殺して(その前から熊を殺して食べていたらしく、「熊おいしい」というのはこの作品のミームになっている。お土産売り場では熊カレーが売っているので子供は買っていた)、人々のところに連れて行くと、怪物が出たと、いきなりタコ殴り(多勢に無勢なのだ)で縛り上げられ、地下格闘技場の闘士とされてしまう。

しかし、心優しく勝っても止めをささないために人気がなく、ひどい扱いを受けている。

地下牢の前で美しい誰もいない北極で暮らしたいの歌を助けた女性は歌ってくれるのだが、結局、彼女は自由になりたいいために、賭け試合に必勝を期すための計画に加わって怪物に毒を飲ませる役回りとなる。

この賭け試合と結末のつけかたのテンポはすごく好きだ。

裏切られた怒りと、それとは別にフランケンシュタインの実験ノート(生命を得たときに、裸では寒そうだとヴィクトルが自分のコートを着せたが、そのポケットに入っていたのを闘技場の支配人が渡す)を手に入れたことで、怪物はレゾンテートルに悩むことになる。

悩んでもしょうがないので、創造主に対して復讐を誓う。こんなにおれが苦しむのは、この世の中におれを生み出したやつが悪い。当然、その前に闘技場は燃えることになる。

というわけで、お前の姉を殺させたわけだ、と怪物は言う。おれの受けた辛酸すべてをお前にも味あわせてやるから、まだまだ続くぜ。そう言い残してまたまた窓から去る(と気づいたが、地下室じゃないんじゃないか?)

伯父の娘とヴィクトルは結婚する。

当然、怪物は娘を殺す。

自分を愛したすべての人間を失ったヴィクトルは怪物の語った物語から北極を目指す。

ついに極北の地で怪物を撃ち殺すことに成功するが、その前に脚を折られて(ことにする)アナキン状態のヴィクトルも直に死ぬだろう。

おしまい。

まあ、盛沢山ではある。

テクノロジーの進歩に戦争は不可欠とか、無知な村人には科学は邪悪な魔術で焼き払うべき対象で、誰かが死ねば適当な誰かをリンチで吊るすのがそのての村人に対する治世の要諦(有罪率99.4%だな)とかいうようなどうでも良い教訓もあるが、そういう話ではない。

ささやかな幸福もあれば(実際のところ、北極の歌のところでは、体は苦痛を感じていてさえ、怪物ですら少しは幸福感を持ったはずだ)、苦痛や悲嘆もあるという当たり前のこともどうでも良さそうだ。

音楽の印象がほとんどないのは、物語が(余分なエピソードをてんこ盛りにしたとはいえ)シェリー夫人の手の中にあるからだろう。

要はどれだけ理想に燃えていてもやり過ぎるとすべてを失うということなのだった。その失うというここそ恐怖の根源で、だからこそ恐怖物語としてフランケンシュタインの怪物は生まれなければならなかったわけだ。

ヴィクトルはいきなり母を失い、父を失い、姉との生活を失い(寄宿学校へ送られる)、せっかく得た親友/理解者/協力者を失い、実験の成果物に逃げられ、どう考えても執事という職業からは有償なはずなのに無償の愛を注ぎ込む執事を失い、姉を失い、実験室を失い、研究ノートも考えてみたら失い、奥さんを失い、最後は自分の手で成果物を失い、自分の生命も失う(他のあれこれに比べれば一番どうでも良い喪失に見えてくる)。恐怖の連続だ。恐ろしい。

ところが、まったく恐ろしくなく、終わるとむしろ良い感覚を得るのがおもしろい。実のところ、この作品は魂の救済の物語っぽい。喪失は恐怖だが、一方では自由の獲得でもあるからかなぁ。

それにしても音楽の印象がまったく残っていない。そういう意味ではアンクル・トムもそうだったが、物語を語ることに主軸が有り過ぎるのではないかなぁ。ある意味ステレオタイプだから、物語は時間をもたせるためのスキャフォールドに留めておくことも可能だと思うのだが、それ以上に物語を語ってしまって、ほぼ演劇(時々歌が入る)となっている。だが、おもしろかったから、それは難点ではなく、そういうミュージカルということなのだろう。

せっかくいるのに、ヴィクトルとアンリの二人が同時に歌うのは1幕の戦場の実験室の中だけかな?(というか、あったかどうかも怪しい)モーツァルトのサリエリとアマデウスのように二人が歌いまくって終わりになるわけでもなかった。

※ 子供が物語を間違って覚えていると指摘したので訂正。

・葬儀屋を突き飛ばすのではなくフランケンシュタインが石で殴る。やばいと思ったアンリがフランケンシュタインを気絶させて、その間に自首する。

・姉はナイフではなく遺産目録を手にして横に倒れていたらしい。

※ 鑑賞後にすがすがしいのは、上では書いてないもう1つの喪失の物語があるからではないか。ヴィクトルは母の喪失の前に、呼びかけに答えない神を喪失している(近代人では当たり前のことなので意識していなかった)。一方、怪物にとっての神はヴィクトルだという点が重要で(ヴィクトルのことを造物主と呼ぶ)怪物はヴィクトルの代わりに神に対して復讐を成し遂げる。宗教からの自由こそ近代なのだから、これこそゴドウィンの娘であるシェリー夫人の作品のテーマそのものだった。


2020-01-11

_ この世界の(さらにいくつもの)片隅にを観る

妻と丸の内TOEIに「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を観に行く。

銀座線で降りて確か昔プランタンがあったあたり(全然丸の内じゃないので、妻とやたらと歴史がある映画館だから、有楽町(そもそも数寄屋橋という呼び名もあったし)よりも丸の内のほうが通りが良い時代に命名したのかなぁとか話ながら)だと地下をだらだら行くと、数段程度の階段がそこら中にあって、どうにも造りが良くない(あるいは歩兵の進軍を止める目的とかあったのか?)と考える。というか、割と通ることはあるのだが、工事中でやたらと狭かったりするので気になったみたいだ。

で、最初入ると数人しか客がいなくて、ちょっと驚いたが終わって外に出るとそれなりには入っていてなんとなく安心した(去年で終わりのはずの特典絵葉書をまだ配布しているってことは、集客がいまいちなのかと心配になったのだった。とはいえ、防空壕の中の集合写真みたいな絵葉書で、なぜこれを配るのか? と不思議ではある。受け取らない人もいるんじゃないかと言うと、妻は家族の収まりが良い構図だったからかなとか言うし、それはそうかも知れない)。

()無しとの一番の違いは、自分が代替物ではないかという感覚で、()無しでは義姉の子供を死なせたことが広島へ帰ることの一番の理由だったようなのが(子供ができないことも理由だったのかも知れないが)、随分印象が異なる。

次が枕崎台風の襲来で、こんなにすごい被害をもたらした台風について全く知らなかったのがある意味驚きだった。踏んだり蹴ったりのようだが、残留物質を洗い流したというような記述も見るので必ずしも悪いことばかりではなかったのかな(いずれにしても住民にとってはたまらん)。

おれにとっては一番観ていて辛いのは、被爆してガラスで針鼠みたいになった母親と子供のシーンなのだな、と今回も思った。居場所があるというのは本当にありがたいことだなぁ。


2020-01-05

_ PDFからテキスト抽出

yancyaさんのQiitaの「RubyでPDFと戯れるの巻」は参考になるが、origamiよりもソースが読みやすいので、pdf-readerを使ってPDFからのテキスト抽出をしていた。

多分現在のorigamiもそうだろうが、エンコーディング情報が入っていれば、テキストの抽出はえらく簡単で、少なくともpdf-readerだと次のようにすればよい。

reader = PDF::Reader.new(filename)
reader.pages.each do |page|
  puts page.text
end

が、これはあくまでもエンコーディングが設定されている(yancyaさんの記事だとToUnicodeが設定されている場合なのだが、CMap(キャラクターマッピング表ということかな)があればOKのようだ)、埋め込みフォントを利用して、かつグリフのみの場合で詰んだ。

上のやりかたで、ある特定ページからのputs page.textで出力される文字がむちゃくちゃになる。

はて? と生データを見ることにする。

puts page.raw_content

raw_contentによって、ynacyaさんの記事と同様の内容を得られる。 こんな感じだ。

 
/C0_0 1 Tf (略)[<001B00190003>-4139.9 <00190015>-2120 <001600180015000F001400190013>]TJ 

で、/C0_0というフォントを見てみると

page = reader.page(出力がおかしくなったページ)
puts page.fonts[:C0_0]

次のような出力を得られる。

{:BaseFont=>:"MS-Mincho-Identity-H", :DescendantFonts=>[{:BaseFont=>:"CNBLDP+MS-Mincho", :CIDSystemInfo=>{:Ordering=>"Identity", :Re\
gistry=>"Adobe", :Supplement=>0}, :DW=>1000, :FontDescriptor=>{:Ascent=>723, :CIDSet=>#<PDF::Reader::Stream:0x00007f2ca02b4138 (略)  :CapHeight=>709, :Descent=>-241, :Flags=>6, :FontBBox=>[-82, -13\
7, 996, 859], :FontFile3=>#<PDF::Reader::Stream:0x00005640ea24f6b8 (略)

ToUnicodeは無い。

pdf-readerは何を根拠にテキストを出力しているのだろうか? 不思議に思ってpdf-readerのFontオブジェクトを作ってみる。

c0_0 = PDF::Reader::Font.new(page.objects, page.fonts[:C0_0])
puts c0_0.to_utf8(0x1b)  #=>▯
puts c0_0.to_utf8(0x19)  #=>▯
puts c0_0.to_utf8(3)     #=>▯

確かにpage.textで表示された文字列に一致しているが……

puts c0_0.encoding  #=>  #9647, 1=>9647, 2=>9647, 3=>9647, 4=>9647... 

CID 9647に相当する文字を5078.Adobe-Japan1-6.pdfで見てみるとiアクセンテギュみたいだが、該当フォントがないので▯になっているのかなぁ。

しかし、そもそもOrderingがIdentityでJapanXではないのだから、見ている表が違うわけだろう。

要は埋め込みフォントのグリフを直接指定しているに違いない。

それで、埋め込みフォントを抜いてみることにする。

sudo apt-get install fontforge

でfontforgeをインストールして、フォントファイルとしてPDFでフィルタして読み込むと、どのフォントか? と聞かれるので、CNBLDP+MS-Mincho (上でC0_0のDescendantFontsのBaseFontとされているもの)を選ぶ。

すると、3がスペース、0x1bが8、0x19が6のグリフを持つフォントが表示された(その前にfontforgeはCMapが無いけど無視するか? と聞いてくる。そもそもCMapが無いのでこんなことしているのでGive Upをクリックする)。これは、該当PDFの表示と一致する。

ということは、文字コードに相当するものがどこにも無いのだから、TJで指定されているCIDに相当するグリフを埋め込みフォントから拾い出して文字認識させるか、PDFをそのままOCRするか、しかテキストを取得する方法は無いということだ。

というわけで、フリーのOCRでPDFを入力できるもので試したが、結果はひどいもので(多分、余分な情報が多いのだと思う)、グリフを使うほうが良さそうだなというところまでは来たのだが、fontforgeと同じようなグリフの取り出しってどうやればできるんだろうか? pdf-readerのstreamを使ってデータは取り出せるのはわかっているのだが、フォントの格納形式はわからないんだよな。

_ pdf-reader その他の使い方

pdf-readerを利用して単に文字コード変換テーブルを内包したPDFからテキストを抽出するだけならば、各ページオブジェクトのtextプロパティを呼び出せば良い。上のエントリーの最初のコード片参照。

より詳細な情報は、reader#objectsを利用する。

reader = PDF::Reader.new(filename)
1.upto(reader.objects.length - 1) {|i|  # objectsをeachで回すと最初のnilがスキップされる。PDF内のobjectのIDとインデックスを一致させるためだと思うが、配列としてアクセスするほうが話が簡単だった)
  puts "#{i}: #{reader.objects[i].inspect}"
}

objectsはHashとPDF::Reader::Streamのいずれかが入る。Hashが示すオブジェクトの実データはPDF::Reader::Referenceが示すStreamに格納される。

{:Contents=>#<PDF::Reader::Reference:0x00005640ea49b1d8 @id=2, @gen=0>, :CropBox=>[39.6567, 137.534, 555.563, 704.466], :MediaBox=>[0, \
0, 595.22, 842], :Parent=>#<PDF::Reader::Reference:0x00005640ea498460 @id=114, @gen=0>, :Resources=>{:ExtGState=>{:GS0=>#<PDF::Reader::
Reference:0x00005640ea4aacf0 @id=130, @gen=0>}, :Font=>{:C2_0=>#<PDF::Reader::Reference:0x00005640ea4aa610 @id=126, @gen=0>, :C2_1=>#<P
DF::Reader::Reference:0x00005640ea4a9698 @id=139, @gen=0>}, :ProcSet=>[:PDF, :Text]}, :Rotate=>0, :Type=>:Page}

上のHashはContents(ページ内のテキストなど)を示す。実際のデータは、@id=2のStreamであることがわかる。

puts reader.objects[2].filtered_data  # filetered_dataは圧縮などがされている状態から実データを復元する。ここではContentsということがわかっているのでputsで呼び出す。
#=> 0 0 0 rg /GS0 gs 297.96 717.2 0.24 25.56 re f 39.6 ...

Streamからは、フォントのグリフや、CMapも取得できる。FontDescriptorなどの非バイナリオブジェクトは、Hashとなる。

下の例は、FontDescriptorで、フォントデータは、FontFile2で示されるID(objectsのインデックスに等しい)のPDF::Reader::Streamから取得できる。
{:Ascent=>880, :CIDSet=>#, :CapHeight=>0, :Descent=>-120, :Flags=>4, 
:FontBBox=>[-26, -174, 1000, 881], 
:FontFile2=>#, 
:FontName=>:"CJKHCO+RgGothic-Md-90ms-RKSJ-H", :ItalicAngle=>0, :StemV=>0, :Type=>:FontDescriptor}
上記のFontDescriptorをポイントするBaseFontを示す。ここでFontDescriptorとして示されている@id=13、つまりreader#objects[13]が上記である。
{:BaseFont=>:"CJKHCO+RgGothic-Md-90ms-RKSJ-H", :CIDSystemInfo=>{:Ordering=>"Identity", :Registry=>"Adobe", :Supplement=>0}, :CIDToGIDMap=>:Identity, :DW=>1000, 
:FontDescriptor=>#, :Subtype=>:CIDFontType2, :Type=>:Font, :W=>[17, [500], 19, 28, 500]}

2020-01-01

_ 初詣

行ったことがないところに行こうということで、気になっていた市谷亀岡八幡宮に行くことにした。なんとなく靖国通りの防衛庁前は路側駐車帯になっていると思ったらそんなことはなく、しょうがないので一度津之守坂から新宿通りに入り、裏側の谷沿いのどこかに100円駐車場があるだろうとあたりをつけて、坂町の適当なところに停めた。祝日30分120円とか信じがたく安い。

で、坂の残りを下ると左型に鳥居が見えたので多分お稲荷さんっぽいから帰りはこっちに寄ろうと話し合って靖国通りに出る。監視カメラとか結構設置してあって、なるほど防衛庁ですなぁと市ヶ谷のほうへ行くと、八幡さまの階段にでんでんと長蛇の列で驚く。行列はいやなので戻って、お稲荷さんで初詣することにする。

横に公園があって、子供が親とブランコでキャーキャー大騒ぎしながら遊んでいて、いかにも町のお稲荷さんで気持ちが良い。

由来が書いてあると読むと、桝箕稲荷神社という名前で、幕府の下賜米を桝で計って配ったのでこの漢字名がついたとかある。元は真須美稲荷のマスミだったのだろうから江戸っぽくておもしろい。

なるほど、かっては外堀から続く川で、城から俵を積んだ船でここらに荷揚げしたのだろうとか考える。楽しい。

お稲荷さんは好きだが、どうせなら、かねてから気になっていた飯田橋と神楽坂の間の山にある神社にも行ってみようと考える。

こちらは、タイムズでつねに15分220円だかだけどしょうがない。

するとなんちゃら寅造の碑とかあって、浪曲か? とか思いながら後で読もうと階段をのぼると右手にさびれきった、しかし坂をうまく滑り台にした児童遊園があって良い感じだが、お稲荷さんと違って遊ぶ子供はいないというか、なんか暗いよ。

上ると左手に神輿蔵があって2(?単位はなんだろう)。右側のは読むと宝永年間(あやふや)の漆塗りとか書いてあるから350年以上の神輿で美しい。その左は白木で約200年くらいだが、元は白木でもすっかり黒くなっていて、右の漆塗りと良い勝負になっている。鋼で固めてあるので丈夫なようだが、それ以上に漆の保存力はすげぇな。

右手には猿が2匹で桃と戯れていて、孫悟空でなければ、林檎を桃と勘違いした失楽園かと思えなくもない石碑があって、これも古そうだ。

後で坂の途中にあった能書きを読んだら、これまた古い庚申塔で、猿と桃のモティーフは珍しいとあるが、確かに初めて見た。ついでにそこに立つ石鳥居は区内最古とかあって、今のさびれっぷり(初詣客は数人しかいない)とはまた異なる面影を考える。

で、寅造の碑には良く見ると楽譜になっていてオタマジャクシをたどるとまさかりかついだ金太郎で、おお、寅造があの歌を作ったのか! と初めて知る。

来てみないとわからないものだ。というわけで、漆塗りの神輿も猿と桃の庚申塔も寅造もおもしろかった。


2019-12-30

_ スカイウォーカーの夜明け

バルト9でスカイウォーカーの夜明けを観る。

3部作が全体で3部作を構成するという試みの最終話になるのだが、3というのはおもしろい。

普通に考えて、3で構成している以上は、ヘーゲルの正-反-合で解釈すべきものだ。

確かに最初の4~6を反と置けば、こちらがジェダイ側の勝利で終わるのだから、1~3の正はシスの勝利で終わったのは当然だ。

それぞれの内側もまた正-反-合なのだから、4でジェダイが頑張り5でシスが逆襲し6でシスがジェダイに回帰するように、1~3や7~9が構成されるのも必然だろう。

とすれば全体の合でありかつ7~9においても合となる今回は、映画文脈上、正義側の勝利で終わると決まっている以上、本来シスであるべきものがジェダイへ止揚される話になるのも必然なのだろう。

それはそれとして、最後の最後、巨大な旗艦に対して有象無象がごちゃごちゃやって来たのが映るやいなやパーパーパパパパーパーと流れるのは、巨大なマイクロソフトに対して有象無象のOSS開発者が束になって戦いを挑むという1997年を思い出させて実に不思議な感覚に襲われた(まあ、無駄に高揚感も持つわけだけど)。

今や、巨大な旗艦というものは存在せず、ビッグ5(AFGMA)はクラウドという有象無象サーバーの組み合わせになっているのだから、こういうったわかりやすい構図は取れない。

それにしても、カイロ・レイの役者は不思議な顔つき(美男じゃないよな、とはいえ不細工でもない)で立ち居振る舞いが良い。一緒に観た子供が、ちょっとスネイプ先生顔だといったが、なるほど役柄はおいておいても顔つきはスネイプ先生みたいだ(中心が堆いというか)。

新訳 ドイツ・イデオロギー (マルクス主義原典ライブラリー)(マルクス/エンゲルス/現代文化研究所(前進社)/新訳刊行委員会)

ドイツ・イデオロギーってこんなことになっているのか(内容紹介がすさまじい)。読み直すべきかなぁ。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|

ジェズイットを見習え