トップ 追記

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2020-07-12

_ ミクロイドS ― 手塚治虫版デビルマン

ちょっと思い出したのでミクロイドSを読み返して、えらくおもしろくて感心する一方で、なんかデビルマンに似ているなぁと思った。

ミクロイドSは、人類の別進化系統のミクロイド(身長は3cmくらいで、言語ではなく思考で会話する。この設定のおかげで、アメリカでも日本でも人類と意思疎通が可能)と、ミクロイドを家畜として使役するギドロンという蟻の進化した生物が生息しているアリゾナ砂漠の地下のギドロン帝国での反乱軍の処刑とその処刑場へのミクロイド反乱者の攻撃から始まる。

ギドロンは世界中の昆虫から得た情報(公害であったり自然破壊であったり)から昆虫の生存を賭けて人類の殲滅を決意する。そのために人類の行動パターンを本能的に理解できるミクロイドを人類世界に送り込み、現地で調達した昆虫軍を使うことを計画する。

同じ人類の眷族(哺乳類仲間)としてギドロンの計画を許すことができないミクロイドの有志が反乱を起こし、そのうち、3人がギドロン帝国からの脱出に成功してニューヨークの国連ビルを目指す。のだが、小人の見世物として売られそうになったり、一笑にふされたりして相手にされない。そうこうするうちにギドロンが派遣した人類殲滅隊に見つかり、隠れた旅行鞄が向かうままに日本へ到着する。

ここで人類側の主人公の美土路学が登場。勉強はできないが剣道の腕前がある中学生で、父親は昆虫学者という設定で、なぜか意地の悪い教師が後のドンドラキュラになるノラキュラ先生で、多少のギャグパートの役割も果たすことになる。

紆余曲折の末、ミクロイドは美土路博士にギドロンの計画を告げることに成功する。学者だけに、目の前で3cmの人類が思考を使って会話するうえに、ギドロンの計画もそれなりに筋が通っているので信じることにする。偉い先生なので政治家やテレビで訴えるのだが、ついに頭がおかしくなったのだなと扱われる。

そこに昆虫の大群によるギドロンの第一次攻撃発生。

人々は、この事態を予想していた美土路博士こそが真犯人と考えて、リンチにかける。

壮大な話なのだが、3人のうちの1人のアゲハと、ミクロイド側の主役のヤンマー(トンボっぽい)の兄貴のジガー(ジガバチ?)が婚約していて、兄貴はヤンマーに嫉妬していて、ヤンマーは彼女をスパイと疑っていて、といった細かい話をうまく組み合わせてクライマックスへ突き進む。

手塚治虫だし、発表誌が少年チャンピオン(当時のマガジンやサンデーが全共闘世代の雑誌として大学生に向いてしまったのに対して、小学生路線を堅持)なので、最終的な破局は避けられる(したがってアンチハッピーエンドではない)。が、ハッピーエンドでもない。

この、美土路博士に対する市民の攻撃、人類と別の場所で進んできた別系統の種による人類滅亡作戦という設定がどうにもおれにはデビルマンに似ているように感じたわけなのだった。もちろんドラマ構成などは全然違うし、ミクロイドSはいかにも手塚治虫な感じの子供に対する優しい目配りと全体としての人類に対する嫌悪感が溢れていて、そこが永井豪のすべてはエンターテインメントのような割り切りは無いので、全然真似というわけではない。

とはいえミクロイドSは1973年の作品で、デビルマンは1972年から1973年の作品なので、まったく無関係というわけにはいかないだろう。

一番重要な共通点は、1972年の連合赤軍後(以降、大きな大衆運動としての新左翼運動は消滅して、各派、内ゲバの時代となる)だということ、光化学スモッグやヘドロなどの公害が蔓延し始めたこと、要は1970年代初頭の時代感に満ちているということだ。

・手塚治虫の作品では海のトリトン(というよりも青いトリトンが1969年の連載開始時には海の男の根性ものだったのが、1972年の終了時には反公害のために人類と敵対せざるを得ない海に暮らす別系統の人類の物語となっているが、その延長線上にあるとも言える。

・おれには、この1969~1973年あたりの手塚治虫の作品が一番おもしろく感じる。もっともリアルタイムにおもしろく感じて読んだ感触が残っているからかも知れない。

・手塚治虫のテレビ主導(1話完結で、回ごとに怪物対主役のバトル)のマンガ作品は、ミクロイドSもサンダーマスクも、実際のところえらい傑作になるのがおもしろい(意味わからない5人の刺客が出て来てカブトムシ以外は瞬殺されるのは、多分、アニメ連動の玩具のためなんじゃないかなぁ。今読むと余りの意味のなさに不可解だ。ちなみにあまりに学がバカなので全く理解されないままにたった一人で昆虫軍団の攻撃から眠りこけている学を守って死んでいくカブトムシが良い味出し過ぎている。ちょっとゴンギツネが入っているような感じだ)。後年、特にタクシードライバーの漫画で顕著だが、一定の枠組みを与えられてその中でドラマを動かすのがうまい作家だったのかなぁとか考える。

ミクロイドS 1(手塚治虫)

・ふと気づいたが、ヤンマー、アゲハ、マメゾー(仮面の忍者赤影の青影役だ)の3人のバランスの一般性(女性のアゲハは肉体的に足を引っ張る役回りだったり)に比べて、手塚オリジナルのワンダー3のウサギ(リーダー)、カモ(ホワイトベースのカイみたいな感じもあるが、知的だが皮肉屋)、ウマ(技術者)って、タツノコっぽい組み合わせだ。ミクロイドSの比較的ステロタイプな3人組は、アニメの設定由来なんだろうなぁ(もっともアゲハは最初は足を引っ張る役回りだが、途中から無茶苦茶強くなる)。


2020-07-06

_ 李巌と李自成を読んだ

中国の歴史は大体のところわかっているつもりだったが、明から清にかけての王朝交代の間に2か月弱ほど北京を支配した大順というものを知ったのは、叛旗 小説李自成を読んでからだ。叛旗という題と表紙の美しさ、そもそも李自成って誰? という興味から上下2巻を買って読み三嘆した。(本国では続編があるが、翻訳は李自成が他の盗賊を糾合するところで終わっている)

叛旗 小説李自成〈上〉 (徳間文庫)(雪垠, 姚)

僕がまったく気づきもしなかったのは、どうもそれまで李自成と大順は正史からは無視されていたかららしい。それが、郭沫若(に準じてその後に毛沢東)によって農民反乱からの自治政府構築者という観点で再評価されたという文脈で李自成が広く知られたということらしいのだが、作者の姚雪垠は反右派闘争でやり玉に挙げられた(実体は田壮壮の青い凧に描かれていたようにほとんど運不運(まるでソフトウェアを納品するためには30%のバグをどうしたみたいなもので、職場に100人いれば3人右派がいるというような数値目標があったらしい)なのであまり参考にはならない)りして発表は遅れに遅れたようだ。書き始めたのは1940年代らしいのでまさに郭沫若に刺激されたのだろう。

いずれにしても陳舜臣が手を入れただけあって文章は雄渾にして精緻、実におもしろい小説だった。

再び李自成の名前を見たのは、安能務の中華帝国志を読んでいるときで、まあ癖がある人だけに李自成は俎上に乗せやすかったのかも知れない。

中華帝国志(下) 離合集散篇 (講談社文庫)(安能務)

驚いたのは、叛旗ではほとんど水滸伝における呉用のように策を巡らして大活躍する牛金星が木偶の坊としてむしろ足を引っ張る役回りで、代わりに非実在の人物と断った上で(叛旗にはまったく出てこないのは史実ではないからだろう)李巌という挙人が出ずっぱりで状況を解説しながら大活躍することだった。

何しろ、まるで三国志の魯粛のような大人っぷりで義挙を働くのは良いものの、ちょっとした手違いで県令に捕まってしまう。そこをかって街で李厳を見初めた曲技団出身の美貌の女盗賊紅娘子によって牢獄から救出され、そのまま盗賊団の首領に収まるが(演義での後付け登場人物だけに、このあたりは水滸伝が入っている)、そうは言っても所詮は挙人、大事を成すには天命が無い。そこで情報網に引っかかった闖王李自成に合流して天下を目指す(要は、秦末の張良パターンとなる)。

という中華歴史パターンに当てはめた大順建国譚になるのだが、安能の筆になる李厳が実に良い。登極直前の李自成を捕まえて、明日になるとこういう会話を交わすことはできないので今告げておくが、皇帝になっても朝夕は空を見上げて星辰の動きに瞠目し自らの小ささを実感せよ、そうでないと道を誤るぞ、と告げるところは抜群だ。その後の呉三桂(明清の国境の守備をしている将軍で、大順につくか、清につくかで迷っている)との会談での振る舞いっぷりとか、安能版の李厳は実に良かった。

というのは30年近く前までの話。

先日、アマゾンを見てみたら、その名もずばりの李巌と李自成という小説があったので、つい買ってしまって、あっという間に読了した。

まったく知らない筆者だが、どうも中国史に題をとった小説を量産している作家っぽい。

おもしろかったので最後まで一気読みをしたのだが、小説にするために牛金星を極端に卑屈で(安能版でもそうだから、そういう役回りはしょうがないとしても、卑屈っぷりを示すために散々李厳に人物批評をさせているのが)鬱陶しかったり、物語の辻褄を作るために紅娘子を途中で病気退場させたりいろいろ行動させたり(実はこれもおれには鬱陶しい)、崇禎帝の死を王承恩(最後まで皇帝に殉じた宦官)に見届けさせたり(どうも崇禎帝を孤独死させるというのは、中国史においては非常に重要な点らしいので、これはひどい改変。安能版では通説通りに王承恩が後片付けに外している間についに王承恩にも裏切られたと思って孤独に死ぬ)、呉三桂をあまりにも小物として描いていたり、気に食わない点も相当ある。

でも、まあ全体としてはおもしろかったので良いのだが、新書のような小説だなとは思った。

李巌と李自成 (講談社文庫)(小前亮)


2020-06-21

_ 黒暗森林(三体Ⅱ)

本屋で買って読み始めたのが14時くらいかな。途中晩飯食ったりしたりして、4時くらいに赤壁の戦い(後述)でさすがに眠くなったところでネコに食事をねだられて動き回ったせいで覚醒して結局5時くらいに読了。おもしろかった。

いよいよ三体艦隊が450年後には地球に到達することがわかり、地球側は450年計画で迎撃のための準備を始める。

Ⅰからの生き残りではヤクザな警官史強と丁儀の2人は活躍するが、ナノテクおじさんは出てこない。史強はムードメーカーだから残すのは順当だ。回想では葉文傑が再登場するがなぜ娘が死んだのか忘れてしまったことに気付きⅠを読み返してみたりもした(それにしても葉の人生はとてつもなく過酷だな)。

Ⅰにそんな設定があったか忘れているが、迎撃作戦は三体人は正直者だという特性を生かして(逆に言うと地球人は嘘つきだ)計画される。4人の選ばれた人間が地球人に対しても真意を隠して迎撃作戦を設計し実行する。

ガンダムのミノフスキー粒子がモビールスーツによる戦闘(肉眼戦)という制約があるように、三体では智子の存在が現在よりちょっと先の時点で物理学の発展は停止しているという制約があるため、いくつかの技術革新を別にすると、戦争は社会科学分野になっていくわけなのだった。うまいな。

物語がうまくできているのはもちろんだが、おそらく中国という作者の立ち位置から次の点のおもしろさは格別だと思った。

4人の人選がなかなかおもしろい。

中国の作品なので特権的な主人公は中国人のへなちょこ学者で、妄想力を駆使して作り上げた理想の美少女を心の中に飼っている変質者(と表現はもちろんしていないが、心の中の理想郷にある一軒家でこいつが帰宅するのを待っている美少女という脳内設定だからなぁ)でもある。それだが迎撃作戦の実行者に選ばれたせいで、国連の全面的なバックアップを受けて該当する実在少女を手に入れる(嘘でもなんでもスローガンを唱えて無理矢理納得させまくるのは、造反有理とかみたいでなんかおもしろい)。当然、それでは物語は進まないので紆余曲折あって順風満帆人生を乾坤一擲の賭けに出ることになるわけだが、えらく凝縮されたクライマックスには舌を巻いた。この少ない量の文章目指して上下2巻が収斂していくとは。

残りの3人は、アメリカ人の軍人上がりの政治家(ラムズフェルトか? 当然、こいつは人物だ)、イギリス人の人工知能学者(学説的にはプリブレムの進化形のような)、チャベスを強力にしてアメリカの侵攻を撃退した英雄大統領で、特に3番目の存在がおもしろい(しかも、相当良い役回りで悲劇の英雄として立派な人物として描かれる)。アメリカと微妙な距離感のついた物語の組み方だ。

同じくロシア人の議長が実に好漢として描かれているのもおもしろい(とは言え、中ロの関係ってそれほど良いものとは考えにくいので、アメリカの扱いとの大国バランスがあるのかも知れない)。

時事的なおもしろさではラムズフェルトが特攻隊を迎撃作戦に使おうと、日本の指宿やウサーマ・ビン・ラーディン(自爆テロの文脈だ)を訪れてがっかりしまくるとか、目の付け所がおもしろい。他作品への言及で、ビンラディンのところでファンデーションが出てきたり、指宿のところで銀河英雄伝説が出てきたりするのだが、銀河英雄伝説って国際的な(ファンデーションと並ぶような)作品なのか、と驚いたというか見直したというか感心した。

物語の大筋を支える細部の語り口もうまくて、NASAの宇宙観察チームの科学者リンギアとそのチームと監視役のフィッツロイ少将の人間関係とかおもしろい。結局その後仲良く歴史に名を残すことになったり。

描かれる世界の男女平等っぷりは、(現実には異なったとはいえ)天の半分は女性が支えているというスローガンがあった国だけに分け隔てなく偉かったり死んだりするのがおもしろい(主人公の妄想少女でさえ生まれるきっかけは恋人の妄想男子だか妄想少年だかにあるけど、それは趣味の話だから平等っぷりとは関係ないだろう)。

特におもしろいのは三国志の扱いで、三体人は人間の嘘つきっぷりを学習するための教材として読んでいるのだが、最後の最後で戦争に応用する(もちろん三体人は嘘をつけないので龐統ー周瑜-黄蓋ラインの連環計を実行するわけにはいかないのだが、それでもなぜか赤壁の戦いになる)ところで、連環計の破壊的な描写っぷりにはびっくりした。というか、作者自身が地球の技術革新によるブレークスルーをどう三体人側から挑戦するか考えてこうしたわけなのだろうけど、これもうまいものだ。

と、これまた抜群におもしろかった。

三体2 黒暗森林 上(劉 慈欣)


2020-06-14

_ ヴィルヘルム・テル

2017年に復刻されたときに買っておいたヴィルヘルム・テルを読んだ。

やはりシラーは最高だが、まっしぐらな群盗と違って意外と複合的で最晩年(といっても45歳で若死にしているので、最晩年と呼んで良いかは微妙)の作品だけに勝手が異なる点もあった。とにかく登場人物がやたらと多くて、最初、見開き2ページ2段に及ぶ登場人物一覧を眺めてびびったが、要は群集劇(スイスの3つの村からそれぞれ10人集まって集会を開いたり)なので登場人物が多いというだけだった。

というわけで、読んでいてやたらとカムイ伝(第1部)を思わざるを得ない。

表題こそカムイだが、草加竜之進のように最初は長いものに巻かれる国王主義者、しかし恋のために自由に目覚める青年男爵ウルリフィ・フォン・ルーデンツ、竹間沢村の庄屋のように自らは名字帯刀を許されてはいるが村の発展と自治、村人の尊厳のためには生命を賭けることも辞さないシュヴィーツ州の富農ヴェルナーシュタウファッハー、苔丸のように不屈の農民であるウンターヴァルデン州のメルヒタールのアルノルトなどの活躍が目立つ目立つ。

超有名な息子の頭の林檎を射るところなど、読んでびっくり、ルーデンツと悪代官ゲスラー(当然カムイ伝では錦の役回りだし、錦同様に冷酷無残な政策は主君のためと割り切っている)が論争しているうちに、歓声が上がりテルはいつのまにか矢を射たとわかる始末だ。

というか、カムイ伝を書くにあたって白土三平はヴィルヘルム・テルの影響を相当受けているのではなかろうか?

カムイ伝全集 第一部(1) (ビッグコミックススペシャル)(白土三平)

なんといってもかっこよいのは、ヴェルナー・アッティングハウゼン男爵(スイス自治州の殿様相当)で、統一! と叫びながら3州の農民、漁民、牧民たちに看取られながら死んでいくのはかっこよすぎる(最初の時点では3州の人民は貴族の後援は不要だと、男爵を無視している(が、塁が及ぶのを避けさせるための深慮遠謀とも読めなくもない)のだが)。

舞台はスイス、湖では漁童、牧草地で牧童、山で猟童が歌をうたっている。ここの3州は神聖ローマ皇帝から必要とあれば帝国のために武力を提供する代わりに自治を認められている。しかしオーストリー国王(ここは歴史を知っているシラーはわかっているからだろうが書き方が自由過ぎて、スイスの歴史をろくに知らずに読んでいるこちらにはオーストリー国王と神聖ローマ帝国皇帝がいて時々皇帝のことを王と呼んでいるのか(2人いるのか)それとも同じ人物なのかさっぱりわからない。おそらく皇帝はオーストリー国王でもあるのではなかろうか?)は支配権を強めだし送り込んだゲスラーはじめとする代官たちは暴虐と圧制を布いている。

ついに、あまりのひどさに爆発したウンターヴァルデン州の樵民のコンラート・バウムガルテンは代官の部下を斧で叩き斬って逃げてくる。シュヴィーツ州(ゲスラーはシュヴィーツ州とウーリー州の代官なので、管轄違いのウンターヴァルデン州代官からは逃げられるということらしい)へ湖を渡ろうとするが、漁師は時化を理由に断る。しかし追手が迫る。

そこに現れるのは快男児ヴィルヘルム・テルだ。

本職の漁師がびびる荒れ狂う湖に漕ぎ出し無事バウムガルテンを逃がすことに成功する。

シュヴィーツ州では長者のヴェルナー・シュタウファッハーが新築の家をゲスラーが目をつけて嫌がらせをするのに耐えかねている。この男、旅人をもてなし、地域に貢献するので、立派な家が必要なのだが、その立派さがゲスラーには気に食わないのだ。

そこにバウムガルテンの保護を依頼しにテルが来る。

この男ならと、シュタウファッハーが一揆の相談をそれとなく持ち掛ける。

しかしテルは、「強い者はひとりでいる時が一番強いんです。……いよいよ実行ときまって、おれが必要となったら、このテルをよび出してください。のけ者にしてはいけません」と言って去って行く。

とかっこよく去って、しばらくテルは舞台には出てこない。

一揆の腹を括ったシュタウファッハーはウーリー州の顔役、ヴァルター・フュルストを訪ねて行く。ヴァルターはテルの義理の父親でもある。そこに、ウンターヴァルデン州から逃げてきたメルヒタールのアルノルト(というか、最初のバウムガルテンもそうだが、ゲスラーよりもウンターヴァルテン州のほうが質が低いよな)も加わって、3州合同の一揆の相談を深い森の中の広場で真夜中に行うことを決定する。

牧師(神父じゃないのか? と最初思ったが、プロテスタントなんだな)が王党派の立場から発言しながら(本心は全然一揆側なのだが、どうして反王となるのかの言質を会議として取るためで、おお民主主義だとなかなか感動的なシーンで、あとがきでもこのあたりをクライマックスとしているが、確かにその通りだ)全員の意志を確認していく。

「夜中であってもわれわれの権利は輝いています。」

「もうどんな道でもききめがなくなると、最後の手段として剣が与えられているのです。」

「われわれは祖先のように自由でありたい、

奴隷となって生きるよりは、むしろ死を欲する。

われわれは最高の神に信頼しよう、

そして人間の権力などをおそれまい。」

かくしてクリスマスの砦への物資搬入時に攻撃を開始することを決定し散会となる。

結局、クリスマスの反乱は、ルーデンツが恋するベルタ・フォン・ブルネック(スイスの貴族なので反ゲスラー派で、彼女に一喝されてルーデンツは祖国派に鞍替えしている)がゲスラーにとらわれたため、救出の必要から早回しされる一方、林檎の復讐に踏み切ったテルのテロル(誰にも諮らずたった一人でゲスラーを暗殺するのだから、テロルとしか言いようがない)によってゲスラーが暗殺されるのがほぼ同時、しかも時を同じくして全く3州の反乱と無関係に神聖ローマ皇帝の暗殺が起きたため(最終幕での逃亡中の暗殺者とテルの問答は、ただし、相当、気分が悪いものだが、それでもテルは暗殺者に便宜を図る)代官たちの砦や城を破壊し、実力行使で3州の自治はうやむやのうちに認められることになり、ルーデンツの「それでは私もすべての農僕の自由を宣言します」で幕となる。

ヴィルヘルム・テル (岩波文庫 赤 410-3)(シラー)


2020-06-13

_ 朝鮮儒教の二千年

隣国でありながら、ロシアや中国と違って、ほとんど朝鮮の歴史を知らんことに気付いた数年前にFBで橋本さんからおもしろいと勧められて文庫を購入し、ちまちま読んでいた「朝鮮儒教の二千年」580ページのうち310ページまで読んだ。

とにかく凝縮した歴史書にありがちな、そっくり同じ名前の良く似た考えの持ち主が良く似た事件を引き起こし良く似た結末になるの延々たる繰り返しなのでそろそろ嫌になってきたというか、既に何度か嫌になって数年読まずに発酵させては読み始めとやってきたのだった。

それにつけても儒者にも本家の中国では実学は他に任せて儀礼に専念みたいな漢の叔孫通といった傑物もいるのに、李朝だと実学+儀礼の勳旧派(すごくまとも)と、スコラそのものの士林派(まさにスコラそのもの)に分かれて権力闘争を始めて、仏者が割りを食わされる(秀吉と戦って最も戦功があったのは仏者のようだ)とか、純粋培養のゴミのような連中が湧いて来る不思議は、輸入文化ならではっぽい。というかスコラも輸入した思想に湧き出した蛆虫だった。

中国から思想、政治を輸入した似たような辺境の王国の日本と朝鮮でどうしてここまで異なる歴史を歩むことになったのかはなかなか興味深い。日本だと士林派に近いのは林羅山派なのだろうが、徳川政権は基本的に軍事政権だから政学分離がうまくいったのかも知れないが、そこに至るまで儒教の影響がほとんどないのが不思議ではある(本家の中国ですら、政治に儒教がからむのは北宋まではなかったわけだから、その点でも朝鮮が特異なのかも知れない。人口、国土の狭さ、適度な産業の平坦化によって専ら思想闘争中心となり、そのためには儒教が都合が良いということなのかも知れない)。

というよりも、聖徳太子や蘇我馬子が構想して(おそらくこの時点では和をもって尊しとする持ち回り制度の構想だったと考えられるが)中大兄皇子のクーデタで完成した氏姓制度で天皇自身は姓を授ける立場で自身は姓を持たないという易姓革命封じ込めによる統治と政治の分離体制が、極端な思想対立を防御したのかも知れない(武力対立は山ほどあるけど)。

おもしろいは抜群におもしろいが、歴史書だなぁ。

朝鮮儒教の二千年 (講談社学術文庫)(姜在彦)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|

ジェズイットを見習え