トップ 追記

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2022-01-15

_ クライマッチョ

105歳でも映画を撮ったオリヴィエラには及ばないまでも着々と記録を近づけつつあるクリントイーストウッド91歳でのクライマッチョを観に豊洲。

グラントリノのあたりから自身が主役を演じるときは明らかに次世代へのバトンタッチというテーマが続いているが(運び屋もそうだったからだけど)ついに年齢は孫の世代になってしまったな。

観終わってまずとにかく良い映画だったという感想が一番だった。気分が実に良い。

最初に白黒写真が動き出して過去の幻影が出てくるので、実は荒野のストレンジャーやペイルライダーみたいな亡霊なのかと思ったら全然そんなことはなく、かといって過去の落とし前をつけるために再び挑戦という許されざる者でもなく、普通に恩義と約束の問題として、テキサスからメキシコに子供を誘拐に行く元カウボーイの爺さんだった。

時代を1970年代としたのは、そういったカウボーイの最後の世代がそのあたりだったのかな?(あと、メキシコと合衆国の国境が緩いというのもありそうだ)

その子供は(セリフからはもっとひどい虐待もあったようにも読めるが)母親の愛人からひどい痣が残るほどの暴力を受けて家出して闘鶏(警察の手入れが入るところをみると非合法っぽい)で暮らしている。というわけで相棒がマッチョという名前の雄鶏なのだった。

で、イーストウッドと子供(6歳の写真で数年たっているとかだから13歳くらいなのかな?)のロードムービーが始まる。ロードムービーだったのか。

自動車を盗まれたため、二人と鶏が道路を歩くシーンが印象的。鶏ってなかなかの役者なのだな。

盗んだ自動車でたどり着いた町のカフェの女主人と共感が芽生える。自動車が故障したせいで礼拝堂で寝泊まりが始まる。

野生の馬を調教して金を稼ぎながら子供に乗馬を教える。(別に過去の事故のトラウマが襲うペイルライダーとはならない)

(見るからにスタントマンだったり、乗っている馬のあぶみを黒子が曳いていたりするが映画としては全然気にもならない)

馬を馴らしつける姿を見て子供がマッチョだ、と呟く。これも良いシーンだ。

イーストウッドは馬の調教の腕を買われて馬主のところに居つく。動物のお医者さん(ではないわけだが)という評判を聞きつけて犬に噛まれた羊やら、豚やらを連れて近所の人がやってくる。おれはドリトル先生か? と軽口を叩きながら気楽な生活を楽しむ。不穏な空気を保安官補がたてるが、奥さんの飼い犬の面倒を見られるか値踏みしているだけだったようだ。

(なんか前半の緊迫感からうってかわったリラックスした映画になってまるで捜索者みたいだなぁと思いながら観ている)

女主人の娘夫婦は病気で亡くなり孫が4人いる。1人は特に年齢が高そうで子供と良い仲になりつつある。一番小さい子供は耳が聞こえないか喋れないかだが、イーストウッドになつく。なぜかイーストウッドは手話ができる。

が、子供の母親の追手が迫る。母親が手配したらしき連邦警察が保安官補にグリンゴを見たら教えろと話しているのを観て町を去ることにする。(でも多分、保安官補は密告はしないだろうなぁと観ていて思った。奥さんの犬の恩義もあるし)

どれだけ待ったか見当もつかないが国境につくと(その前に子供が怒るシーンがあるが、イーストウッドが山をさして「あれを越えると自由がある」と言うのも良いシーン)父親はちゃんと待っている。金のためとは言いながらもおそらく本気で子供を取り戻したかったのだろうとは思う。子供をハグする。

イーストウッドは町に戻る。

その他印象的なシーン:

テキサスからニューメキシコまですごくテンポが良い(前提条件の提示部なのだが少ないセリフと少ない尺でまったく無駄なく全部説明している)。ヒッピー娘と国境警備員のエピソードはどうしても入れたかったのだろうがなぜだろう?(時代を示せるとか何か理由があるはずだが)

子供が警察に賄賂を渡すところがスマート

追跡者の再登場が恐怖映画

追跡者の最初の登場シーンで、村人が子供を連れ去るグリンゴよりも、子供を虐待する親父のほうが悪人と瞬時に了解して袋叩きにし始めるシーン。これ日本だとこうはならないだろうな、と思った。

その直前の殴るシーン。

礼拝堂での子供の信心について。

食事をするときの祈祷と、一応目を瞑るイーストウッド。

隣に腰かけたイーストウッドに手を伸ばす幼児。


2022-01-05

_

昨年買っておいた(あおい書店の最後のほうかな?)劉慈欣の円を読んだ。

どうにもさっぱりしない読後感がへばりつくのは、技術への信頼と人間への不信という二つの相反するベクトルのせいだろう(が、この感覚は余情とか余韻とかと呼ぶこともできるので悪いものでもない)。

鯨歌: デビュー作らしい。バビル二世の使徒よりも使徒っぽいポセイドンという鯨を操縦する科学者と麻薬組織の親分の海洋旅行の話だが、殺伐としている。が、このポセイドンが姿を現し食事をし海に潜る描写が実にシズル感に溢れていてわくわくする。

地火: 炭鉱をガス化しようとして破滅する科学者の話だが人類史のエピソードとして賑やかに締められていて読後感は悪くない。これまた地火(地中で炭鉱がくすぶり続けるものをそう呼ぶらしい)の描写が圧倒的で、さらには最後の未来における炭鉱の説明の迫力が凄まじい。これは傑作だった。主人公の名前が劉慈欣の名前の下1字の劉欣なのは何か意図があるのだろうか?

郷村教師: なんとなくチェンカイコーの子供たちの王様みたいな題だなと思ったら、同じように(ただし理由は異なる)寒村の教師の物語だった。出てくる村人が日本の田舎の村人(のイメージというかステレオタイプというか)そっくりで読んでいて不愉快千万だが、そのネガティブさが逆に教師のささやかなのだが志の高さに結び付いて読ませて、えーそうなるの!(瞬間的にわかるとはいえ) という終わり方をする。おもしろい。

繊維: 選択により世界が二分していく世界の1つに紛れ込んだアメリカ軍のパイロットが同じく紛れ込んだ女性に惚れられるが無視して帰還することでさらに複数の世界が生じて満足して死ぬ。悪くない。

メッセンジャー: 良い話。誰だかもちろんすぐわかるのだが、それはそれとしても良い話。これも地火と同じく未来は良い未来。

カオスの蝶: ユーゴスラヴィアに対する国連軍の介入を阻止するために地球全体を駆けずり回る科学者の敗北の物語。これまた郷村教師と同じく最後でがらっと変えるのだがあまり成功しているようには見えない。悲劇がでかすぎる。

詩雲: 宇宙戦争敗北後の人類が、勝利者(芸術わからん)のさらに上位者(芸術わかる)と芸術について語り合う話。好き。カオスの蝶と同じく、不幸を予見するときに感じる恐れは実際に不幸になることで安らぎに転化するというモチーフが出てくる。なかなかスリリングな国家で暮らしていることに起因しているのかなぁ。

栄光と夢: オリンピックが戦争の代替にならなかった世界。国が3個に分かれて国連軍が攻撃に来るというと ユーゴスラヴィアを想定している(体操に強いという東欧のイメージもあることだし)のかも知れない(訳者後書きに直後の湾岸戦争が出てくるがまったくイラクは関係なさそうだ)。これも最後に別のエピソードが来るが、繋がりが良い。

円円のシャボン玉: 悲劇的な始まりではあるが、美しいし、楽しいし、好き。ポジティブ劉慈欣だ。

2018年4月1日: 軽い作品だが、主人公が最後に妙な独白に入る。悪くない。

月の光: 気候変動との戦いを3回行う作品。3回目はほとんどギャグとしか思えず、当然書いている人間もわかっていてセリフの先取りをしたりして楽しい。好き。

人生: 母親の記憶を持つ胎児と母親と医者の対話。それほどおもしろくはないが、悪くもない。

円: 燕王はしょせん燕王に過ぎず、始皇帝の遠見も明察も持ち合わせていないという話。

ほとんどの作品が、主題の後にコーダが付くのがおもしろい。ということは三体も、三体戦争までは主題でその後は長いコーダなのだな。

円 劉慈欣短篇集(劉 慈欣)

おもしろかったので良い正月だった。


2021-12-30

_ パリのランデブー

妻がプライムでロメール無料祭りをしているというので、未見(だと思う)の飛行士の妻を観ようとしたら、日本では観られない設定だったので、しょうがない、同じく未見のはずのパリのランデブーを観た。うーん初見だと思うが(そもそも日本でも公開したのか? と疑問もあるが、クレールの膝のようにアテネで観たのもあるから微妙だ)。

それにしてもおれはロメールの映画、本当に好きだなと再確認。

60年代に撮ったのか?と思うような紙切れに手で書いたようないい加減な題が出て(なのでクレールなどと同時代の作品だと思って観始めたがどう見ても6~70年代とは思えず最後に1990年代の作品として納得)、街角のバンドネオンと歌手が、パリでランデブー(カタカナとしては死語になったな。宇宙船もドッキングとか英語みたいなカタカナ使うようになったし)だよんだよんみたいなくだらない歌を歌うと本編が始まる。

最初のエピソードは二股かけてる恋人の二股現場に偶然二股の相手と連れ立って現れてしまって別れたあとに謎のスリまたはナンパ師が待ちぼうけを食らう。

また歌とバンドネオン。ハッピーになるか悲劇になるかはわからないけどランデブーは楽しいなみたいなくだらない歌。

妻が、それにしてもロメールの映画に出てくる人物はみんな島村みたいな服を着ているなとか言い出す。それがやつらのBCBGなんだろうと返す。

次のエピソードはおしゃべり女とランデブーして公園やら墓地やらを散歩しまくる話。最高。とにかく二人で喋りまくる。女の現在の同棲相手が旅行に行くということで、二人で旅行者のように東駅からパリへ戻る。男のほうはわざわざ日本語のガイドブックを持参してくる。しかし、目当てのホテルーー洗濯船の脇のマロニエに隠れたーーに着きそうになったところで女の現在の同棲相手が別の女とホテルに入るのを目撃する。女は私のアイディアをパクるとはと怒り心頭で男を追い返す。

バンドネオンと歌。

画家(ここまでは大学生だったのが急に大人になる)がなんかデルヴォーとアンソールを混ぜたような油絵を描いている。北欧の女が登場。スウェーデンの女友達がパリ案内しろと送り込んできたのだ。自分の絵の色使いが悪いとか言い出すので気分を害する。ピカソ美術館に行きたいというので案内して入り口でおっぽりだす。と、道にいる女が気になり尾行する。女もピカソ美術館に入り、母と子の前でカタログに模写か感想を書くだかを始める。パリの美術館は本物の美術館だな! 男、北欧女に捕まるのでいろいろ言いながら母と子の前に来る。男、延々と絵の説明を始める。女、男がうるさいので立ち去る。男、北欧女に適当を言って追いかける。私は20分後に夫とジュネーブへ帰るのよ。そこをなんとか、と男食い下がってアトリエに連れていく。絵画談義をする。女去る。男が続きを描いていると電話がかかってくる。夜遊びに来いよ。男しばし考えるが承諾する。男カフェで待つ(多分北欧女を)。が、来ない。男電話して行けなくなったと伝える。まあ良かったなと呟く。

おしまい。

特に2番目が最高。とにかく歩いてなぜ自分は今の男と一緒に暮らしていてお前とは寝ないのかみたいなことを延々と喋りまくるだけなのに抜群におもしろい。映画だからだ。

役者はおそらく全員ほぼ素人だろう。特にエピソード1ではあまりのシチュエーションのくだらなさに役者が地で笑ってしまっているショットが結構ある。まさに映画で楽しい。

パリのランデブー(クララ・ベラール)

妻が洗濯船を知らないというので、ピカソやアポリネールなんかが共同で住んでた、日本で言うとトキワ荘だな、もちろんピカソもアポリネールも漫画家ではないけど、と説明したら妙に受けて笑いだした。

日本で最初のアパアトは同潤会で大正だし、芸術家が共同生活なんて(白樺村とか目白村とかだって、基本戸建で別々に暮らしている、夏目漱石のところに書生として内田百間がいるみたいなのはあるけど、先生と書生の関係とは違うからやはり)トキワ荘の時代にならなきゃないだろうと言ったら、いやそんなことはないはずとか言い出してしばし考えていたがやはり思いつかないようだった。

と書いているうちに石川啄木と金田一京助は同じ下宿だったと思い出したが、洗濯船の人数ではないな。

_ 赤い河

ラストショーを観たせいで赤い河を観たくなったのでこれまたプライムで観る。

コマンチ族は問答無用で襲ってくるから問答無用で撃ち殺すわけだが、いやそれはお前の土地ではないし不法侵入者のくせに偉そうだなとか今の目で見てしまうわけだが、なぜかそれなりにバランスしているのでそうは気にはならない。たとえば、旅の重要な仲間に(おそらく白人融和政策をとっているから)ナバホ族がいたりする。

それでも赤い河を渡って、ジョン・ウェイン演ずるトムがここをおれの牧場にすると宣言すると向うから男が二人馬に乗ってやってくるシーケンスとかには頭を抱える。

「ここはディエゴの旦那の土地だ」

「いや、おれの土地だ。そもそもなんでディエゴとやらの土地と言えるんだ?」

「スペイン王からもらったからだ」

「知るか。河からこっちはおれの土地だ。帰ってディエゴにそう伝えろ」

「そういう口を利くやつはこれまでも見たことがある。全員、この土地の肥やしとなっているがな」

「試すか?」

(早打ち合戦)

と、完全にヤクザだなぁと不快になる。しかしおもしろい。ホークスの映画は話が早いのだ。それが観ていて快感となる。

女と別れるとすぐに煙が上がって燃やされたことがわかるとか、最初から調子が良い。

南北戦争ですっからかんになった南部では牛1頭が小麦粉100gより安くなってしまう。

14年かけて大牧場を作り上げたトムは牛10000頭を持っているが、破産と同じこととなる。一方、北部ではみんな肉を食べたいが牛はいない。ミズーリに行けば1頭20ドルで売れる。ならばミズーリへ行くまでだ。

いちいち牛を分離できないので近隣の牧場の牛も全部ひっくるめて出ようとすると、そこに隣の牧場主が用心棒を連れて文句を言いに来る。

そうはいってもお前もジリ貧じゃないか。おれがミズーリで売って来る。お前の牛の分は1頭あたり2ドルで支払う。無事に帰れたら、だけどな。

手打ちとなる。

マシュー(インディアンに幌馬車隊を襲われて孤児になった子供が成長するとモンゴメリークリフトになる)とチェリー(隣の貧乏農場の用心棒だが、トムの貫禄に惚れて転職)の早打ち合戦も楽しい。

「ミズーリへ行くぞ!」

「ハイヤー(顔、顔、顔)」

名シーンだなぁ。ここで牛の大群を示すために360度回転のような(途中継ぎ目が入っているようにも見えるが)撮影をするのだが、気持ちが良い。

女房が欲しがっていたから赤い靴を買ってやるんだと、死亡フラグは見事なまでに死亡フラグになっていたり。牛の暴走はおっかない(ライオンキングどころではない)。というか撮影中に数人は死んでいるんじゃないか?

それにしても100人のカウボーイが10000頭の牛を引き連れて(連環の計とかはなく単に歩いている)数1000マイルも旅をする(どうも史実をある程度下敷きにしているらしい)のはすごいものだ。カウボーイってすごい技術なのだな。それを言ったらCGとか無い時代だから、スタジオ内に少なくとも100頭くらいは連れ込んで撮影しているのだろうから、その訓育技術も凄いものだ。

撃ち合いによってトム(牧場主で、主役なので当然ジョンウェイン)を追放したマシューが無事カンザスの鉄道駅の町にたどり着き無事トム名義で小切手を切らせてからのトムとの対峙(その前に加勢しようとした、または腕試しをしようとしたチェリーは殺されてしまったのだろうか?)が当然のように殴り合いとなり、おそらく二人とも倒れて笑いながら手に手を取って引き上げて和解となるかと思ったら、ここで旅の娼婦が割り込んできて演説を始めるのには、お、そう来るかと思った。西部では女性も強いのだ、という良いシーン。

問答無用でインディアンを殺そうが、傑作は傑作なのだった。

赤い河(字幕版)(ジョン・ウェイン)


2021-12-29

_ 猫間地獄のわらべ歌

黒牢城の読了について書いたらma2が、時代物とミステリーの融合でモノスゲーのは『猫間地獄のわらべ歌』とコメントしてくれた。

題名が妙なので興味を持ってアマゾンで調べたらKindleか古本の2択となっている。

で、古本のほうが送料を込みでも安かったのでそちらを買って読み始めたら滅法おもしろくあっという間に読了した。

江戸の下屋敷の蔵の中での切腹事件を、切腹はいかにも管理職の責任が問われるのはまずいので押し込み強盗による密室殺人事件として設定しろと命じられた主人公とその相棒がいろいろ頭を捻る。

ちょうどその頃、国許ではわらべ歌になぞらえた連続殺人事件が勃発するが、はて真相は、というミステリーなのだが、江戸の主人公の「おれ」一人称と歯切れが良い文体、唐突にメタな考察が始まるなど、10代の頃読みまくった筒井康隆の小説みたいだなとか考えたら、この作者はどうもそれを狙っているらしく(富豪刑事の時代物版を作っているそうだ)うまいものだと思った。

おれ自身はお江戸の情勢には疎くはないので豪商殺人事件のトリックはすぐにわかったが、それはそれとしてそもそも謎解きを楽しむ作品ではなく、謎解きを含めた作品そのもの構造を楽しむメタ小説だったのでえらく堪能した。

猫間地獄のわらべ歌 (講談社文庫)(幡大介)

出品者たちは自動化しているらしく、購入したときは本当の古本の値段だったのが、その後書影を取りにいったら元価格の50倍の馬鹿げた価格となっていて、それから5日たった現在は元価格の25倍の馬鹿げた価格となっている。売れたら価格を引き上げるというのはビジネスとしてはありだとは思うが、Kindle版も出ているのにそのアルゴリズムはあまり賢明とは思えない。


2021-12-27

_ tDiaryとRubyを更新

tDiaryを5.2.0、Rubyを3.1.0-p0に更新。

tDiary-v5.2.0のGemfileにnet-smtpを追加。

_ 3.1での高速化

おれはtDiaryをCGIで(未だに!)運用しているから、一度ERbでパースした日記の表示はキャッシュの表示となるから大したことはない(といってもIndexMainのロードまではそれなりにいろいろ読みまくりパースしまくり実行しまくる)が、更新はupdate.rbの都度起動となり、都度起動であればtDiaryは構成ファイルをパースし(Rubyプログラムによくある構成ファイル自体がDSLとなっている)各種プラグインを読み込んだりするのでそれなりに時間がかかる。

これが、今までは最悪10秒以上かかっていたわけだが(まあ、せいぜい週1~2回なので我慢の範疇)、えらく高速化されて(空日記だっと1秒かからん)驚いた。

NEWSを読む限り、instance_evalの最適化(シングルトンとして評価する)が、効いているのだと考えるのだが、それにしても、ここまでRubyのバージョンを上げて高速化を体感できたのは初めてな気がする。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

ジェズイットを見習え