トップ 追記

日々の破片

著作一覧

2024-02-11

_ 瞳をとじて

友人から目を閉じてに行こうと誘われた。

はて、Les yeux fermésがリバイバル上映されたのか? と思ったが久しぶりにテリーライリーを聴くのも悪くはないと二つ返事でOKした。

が、映画館の前売り買おうとしたらビクトルエリセの瞳をとじてだった。妻(昨年から一緒に行こうぜと言っていた)に行くか? と言ったらその日はパスと言われたのでとりあえず友人と観ることにした。

いきなりがさついたちょっと16mmっぽい映画が始まる。ユダヤ人のレヴィと呼ばれる老人、中国人の召使が住むLe Roi Tristeというデカメロンから取ったらしい館を男が訪れる。庭には両面の胸像。

チェスの駒。

扇を持ったチャイナドレスの女性の写真。

上海に探しに行ってくれ。

オーソン・ウェルズの上海から来た女を考える。

と、実はこれは主演男優の失踪のために中断された映画の断片だということが示される。不滅の物語みたいだ。

と、現代のスペインに舞台は変わり、映像は普通に映画となる。

ひげの初老の男がテレビ局だか制作会社だかに現われる。オーディションか? と受付に聞かれる。プロデューサー(だと思うが、番組ではキャスターも務めている)の名前を出して面会の予約があると答える。

失踪した男優についてのドキュメンタリーに、その映画の監督として出演するための打ち合わせだったのだ。

その作品の関係者は皆死んだ、と答える。俳優は手先が器用だっという話。

が、どうやら唯一の生き残りらしい編集者の元を訪れる。編集者は大量のセルフィルムと映写機に囲まれて暮らしている。2リール残っている。

壁のポスターが2枚。右側は赤と黄色の派手なもの。

ポスターを変えたのか? ニコラスレイのフィルムが手に入った。大傑作だ。

(ポスターはちらっと出ただけなのでまったくわからないが、黄色と赤の派手なのだとすると、テクニカラーの大砂塵だろうか? と思うのは、後知恵で、この後西部劇の歌が出てくるからだ)

プロデューサーに頼まれて俳優の娘に会いにトレドの美術館へ行く。

美術館の従業員食堂(だと思う)で会話。

古本屋で自分の処女作(廃墟)を見つける。表紙の見返しに献辞がある。

送り先の女性に電話をかけるが使われていない。

女性の兄弟を通じて連絡を取る。

私が売ったわけではないのよ。引っ越すときに置いてきたのが巡り巡って手元に来たのね。

ピアノを弾いて歌う。

男は海辺の町に来る。そこに住んでいるのだ。

リッキーと呼ぶと犬が大喜びでやって来る。

隣家の男と短い会話。犬の面倒を見てくれていたらしい。トマトが熟れているよ。

家の裏の菜園。トマトは青いが手前に一つだけ赤く熟したのがある。

夜、隣家の夫婦、大足と呼ばれる男(あとで釣り船のオーナーらしいとわかる)の4人で飯を食う。

男はマイクと呼ばれている。スペイン名のミゲルは英語でマイクだからだ。

ギターを取って歌い始める。途中で隣家の男と掛け合いになる。

just my rifle, my pony and me

この曲は良く知っている。赤い河だな。と思うが赤い河に歌うシーンは無いから不思議に思う。

あとで調べるとリオブラボー(2番で掛け合いになるので同じだ)の挿入歌(主題歌は皆殺しの歌とした場合)だった。が、曲は赤い河で出てきたとあるので、記憶はそれほど間違ってはいなかった。というか、リオブラボーのそのシーンは完全に忘れていた。

凄まじく長いシーンなのだが、すごく良い映画だ。

家主たちが売却を決めたらしい。次に住む家を探さなければ。車を直す必要がある。

海で釣り。細長い小さな魚が網の中に10匹くらい。

その後、テレビを見た女性から老人ホームで暮らしている記憶喪失の老人が俳優ではないかと知らされたプロデューサーから連絡が来る。手先が器用なので雑用をしてもらっている。

男はバスに乗って老人ホームがある町へ行く。

犬が別れを惜しんで家を囲む柵の向こうに立ち尽くす。

修道女から男の名前がわからないのでタンゴ歌手の名前で呼んでいると言われる。

一緒に漆喰を塗ったり作業をする。持ち物に映画の小道具の上海の女性の写真と小道具のチェスの王(悲しくはないが悲しみの王)が出てくる。俳優その人だと確信する。

娘が呼ばれてくる。電気が点いているからまだ起きている。小屋に入る。真っ暗だ。暗がりの中手探りで寝室(なのかなぁ)のドアを開ける。全然起きていないで眠っている。

ソイアナとここで自己引用。

どうもわからないから帰る。

なぜ、彼は写真と駒を大事に持っているのか? 映画だ。

男は廃業した映画館のオーナーと話をつけ、編集者に残存したフィルムを持って来いと連絡し、娘にまだ留まるよう告げる。さらにプロデューサーも呼ぶ。

映写室。おれのやつより良い映写機だ。

男は修道尼僧、プロデューサー、娘、俳優に座るべき位置を指定する。

映画が始まる。

男が娘を連れてルルワトリステに戻る。

レヴィはほとんど死んでいる。連れられてきた女性の顔を拭う。偽物? それとも中国風厚化粧を落とすため?

偉く長い映画だと思ったが、観終わってしまうとあっという間だった。映画を堪能したという余韻が強く残る。


2024-02-10

_ 新国立劇場のドン・パスクワーレ

新国立劇場でドン・パスクワーレ。新国立では2回目。前回はがらがらでもったいないなぁと思ったが、今回はちゃんと入っていた。

ペルトゥージのドン・パスクワーレは普通に良い。ガテルの不遜な態度のエルネストはベルカントっぽく良い声で悪くない(あまり好きな音色ではないがそれは好みなのでしょうがない)。

特に素晴らしいのはマラテスタの上江隼人で飛び跳ねるおどけた演技も含めてマラテスタ。ダンディーニのときは声が小さいとか書いているが、やはりコロナ演出だったからか、今回はそういう不満も全然ない。とにかく演劇的な身振りがおもしろいので、実に良いマラテスタで楽しい。

で、ビーニのノリーナの声が素晴らしい。軽くて艶があってこのノリーナは好きだ。

指揮のバルサローナという人は交響的な構造をかっちり打ち出す人。意外なほど音楽の構造や音色設計がおもしろい(ドニゼッティは音色効果に貪欲で妙な楽器を使ったりするのが好きだというのを思い出した)曲だと初めて感じた。

全体に演出が過剰過ぎるくらいに歌手に演技を求める舞台なのだが、ドン・パスクワーレという物語が過剰なので(過剰さ余って平手打ちが飛び出す)合っているのだと思う。それにしても食卓のばかでかさと、それに並行する調理台のばかでかさが実におもしろい。料理人や給仕人が大声で無能の代表みたいにエルネストについて歌うところで、無能大将がうろついているのもおもしろい。

2幕冒頭のエルネストの自己憐憫の悲しい歌があまりに極端なので(むしろ、それまでドン・パスクワーレが、不遜な態度のまさにダニのようなエルネストを許していたことが不可思議だ。というあたりに設定の背景として遺産だか事業だかを引き継ぐ跡取りを作るための存在価値というのが重要なのだろうか)、全然異なるのだがリゴレット2幕冒頭のマントヴァ公のジルダを心配する心が痛む歌みたいでおもしろい。

それにしても、ドン・パスクワーレは金を使わずに貯めるだけの資本主義へのフリーライダー、エルネストは自分で稼がない伯父へのフリーライダー、ノリーナは×一とはいえ死に別れとかではなさそうで夫の収入へフリーライドする気満々の上昇婚志向女(それにしても、この演出というか字幕ではマラテスタとの関係が実の姉妹(妹は修道院)ではなく、単なる知り合いのようだが、実際のところ本来の設定はどっちなんだろう?)、マラテスタだけは医者の仕事もまじめにやっていそうな半面、結婚詐欺の片棒を楽しみながら担ぎまくる享楽主義者で唯一のまともな社会人のようだが太客フリーライダーというすべてが異常な話だなぁとは思った。


2024-02-03

_ 新国立劇場のエウギニ・オネーギン

シウリナがあまりに素晴らしかったので2回目。

さすがに3度目となると音楽の構造もきちんと見えてきて、あらためてチャイコフスキーの才能に舌を巻くと同時に、なぜ2幕の1場と2場の間に幕間を入れたのかもなんとなくわかった。

この曲は比較的ゆるやかに下降する序曲(弦に続いて溜息のように管が引き取る)のモチーフと、タチアーナの手紙の場面の中間に入りそのままあの人は何者?の絶唱につながる弦と木管の下降とそれに続く(多分弱音器をつけた)金管が抜群なモチーフ(むしろ以降の楽曲全体を支配するのはこちら)の2つが主要なのだが、2幕2場の序曲(場の始まりなので序曲というよりは単なる前奏というべきかな)が序曲を引き継いでいるから、2部構成に分割した場合の収まりが良いからだ。

序曲だけを考えると2幕1場は、1幕2場の手紙で出現したあの人は何者?のモチーフを1幕3場でタチアーナにとって何者かが明らかになり、2幕の序曲の冒頭からはっきりと提示されそれに続いて弦でパーティにふさわしく展開されるのでこちらで区切って、2つのモチーフの関連を示すほうが良いのかも知れないが、それだと2幕2場で実は最初の序曲がレンスキーの「未来はどうなる?」だという関連が埋もれてしまって今一つかも知れない。2幕1場はパーティー会場の人々の興味は最近越してきたオネーギンが何者か?ということにある(ワインをコップで飲む野蛮人らしい、という表現はおもしろい)のであの人は何者?のモチーフが使われるのは正しいし、実はあの人は何者? というのがオネーギンにとってはうんざりの対象だという点(実は哲学的に高尚な理屈でもなんでもなく、本当に何者でもない空疎な存在であり、それに対する自覚が無いわけではないからうんざりなのだ)にあるというのを受けて1部に収めるほうが座りが良い。

結局、大きな2つのモチーフは、未来はどうなる?とあの人は何者?で、まさに余計者の先駆者のエウギニ・オネーギンという作品にふさわしい音楽なのだった。

それにしても、オネーギンの手紙が実はタチアーナの手紙の文言をなぞったものだという点と、現実と折り合いをつけたタチアーナと折り合いをつけられないまま時間だけを浪費した夢見る夢子さんは実はオネーギンだったという幕切れはなんとも言い難い(そしてロシアのオネーギンは多分この後も、何者でもないまま、未来が見えないまま、年老いるのかなぁとなる。一方、ドイツのウェルテルはさっさと人生に終止符を打った)。

それにしても2幕1場の最後、決闘騒ぎが終わるとパーティの客たちが一斉にピローグ(ピロシキのでっかい版でロシアの誕生パーティといえばピローグって、ふと葬送のフリーレンの誕生日のでっかなハンバーグみたいだなと思った)に飛びついて貪り食う演出は強烈。


2024-01-27

_ 新国立劇場のエウギニ・オネーギン

指揮のヴァレンティン・ウリューピンはカーテンコールでびっくりするほど黒いぴったりとしたスーツ(背広ではなく上下揃いという意味でのスーツ)を着た手足が異様に長い、スパイダーマンみたいな人で、良いテンポで進む。

とはいえ、1幕1場の人物紹介パートは比較的退屈なのでぼーっと観ていてタチアーナの手紙の場面(2場)になったら、あまりの衝撃に完全に覚醒した。

とにかく、シウリナのタチアーナが抜群なのだ。特に(もちろん聞かせどころなのだから「特に」なのは当然)あの人は何者? の音の美しさ(きれいに伸びてしかも複数の音が微妙に絡み合い共鳴しあう、最高のソプラノの音だ)は文字通り目が覚める思いだ。東京交響楽団とウリューピンの音も素晴らしい。

というわけで、2/3の千秋楽のチケットを終わった後にあわてて買いにボックスオフィスに走ることになった。

レンスキーのアンティペンコも実に良いレンスキーなのだが(第2幕2場のモノローグは実に良かった)、髭と見た目で、オネーギンよりも5歳くらい年下の17歳の純情少年には見えないのはしょうがない。

成田眞の隊長が妙に好演で印象的。とにかく声が通るので、本当にざわざわしたパーティー会場にふさわしい。

グレーミン公爵の歌は長過ぎる(繰り返しだし、内容は老人の説教調の惚気語り)が、歌手(ツィムバリュクという人)が良いので楽しめた。

オネーギンはまさにこの人はオネーギンを演じるにふさわしいと感心する立ち居振る舞いのユルチュクという人。が、逆に真に迫ったオネーギンなので歌えば歌うほど妙な空疎感があって逆におもしろい。プーシキンもチャイコフスキーもオネーギンをまさにオネーギンとして表現しているのだな。で、それを才能ある演者が歌うとどうにも空疎になってしまうようだ。

舞台に必ず出てくるイオニア式の柱と上の三角形がどうにもスタニフラスキーの劇場よりもボリショイ劇場のように見えて(でもイオニア式ではない)、以前聞いた話と違うなぁと思ったが、今回調べたら、今はスタニスラフスキーの家博物館にある舞台を模したものだと知った。こけら落としとなった作品は『エブゲニー・オネーギン』なるほど確かにこれだ。


2024-01-07

_ 枯れ葉

前回に続けて2回目の枯れ葉。

前回は観てから数週間たってから書いたので相当間違いが多かった。

男は最初は整備不良(劣化が激しい)マシンのホースが外れて怪我を負うのだが、救急車の搬送時のルールとしてアルコールチェックを受けさせられて業務中に酒を飲んでいたことが発覚、労災として処理されたくない現場監督によって馘首にされるのだった。

女はスーパーを馘首になったあと電気代の節約のためにラジオを止めたりいろいろしたあと、ネットカフェに行って(公的な)求人広告を探す。ネットカフェでは価格が高いとか文句をつけて追い出されそうになって慌てて謝るのだが、受付の男が結局は負けてやったりする。

で、求人広告に出ていたバー(というかスナックというか)でいきなり皿洗いの仕事にありつける。給金は月曜と言われるのだが、好事魔多し。彼女が店に入ろうとしたまさにその時に店主が麻薬売買で警察に捕まり有給休暇を宣言される。茫然としていると、客として来た男との会話となる。男はカフェに誘う。女は今日が給料日だったのに店主が捕まったという。それだと金がないだろう。何か食事もしたら? で、女はシナモンロールを注文して食べる。フィンランドにもシナモンロールがあるのか。そこで映画に行くことになるのだった。(そして電話番号を失くす)

この前に一度、市電の停留所で酔いつぶれている男のポケットをチンピラが漁っているところを彼女は目撃する。

というのもあって、電話番号紛失事件の後、映画館の前での1回目のすれ違いのあとの再会時に男が今度はなくさないよとメモを財布に大切にしまうところで盗まれないように、というような会話になる。

家に招待の前に女はスーパーで皿とフォークとナイフ、迷った末にシャンパンを買う。

男は食前酒という言葉も知らないし、シャンパンの意味もわからない。おまけに明らかに少ないという不満を顔に出す。

酒飲みは嫌い。おれは指図されるのが嫌い。

女はしばらく考えた末に皿とフォークとナイフを流しの下の戸棚の扉の後ろのゴミ箱へ捨てる(その前に、スーパーから持ってきた期限切れ食品を捨てるシーンがあるので、ゴミ箱ということは示されている)

その後、工事現場で男は仕事中に酒を飲んでいることを指摘されて馘首になる。

ホステルで一念発起して酒を断つ。

カラオケ大王と、女2人組のバンド生演奏の店で会話。このバンド、なんかアントサリーとかアリシャズアティックみたいな感じでおもしろい。

Alisha Rules The World(アリーシャズ・アティック)

電話で禁酒したことを女に伝える。

で、(同宿の別部屋らしい)男から背広を借りて足取り軽く彼女の家へ向かうためにホステルから出てくる。映像は男を追わない。音で何かクラッシュがあったことがわかる。

女、待つ。男は来ない。

カラオケ大王と女は道で出会い、入院していることを教えられる。

病院に行くと、患者の名前を聞かれる。苗字を言うのだが、名前はわからないと言う。

家族かどうか聞かれて妹だと答える。(というわけで無茶苦茶でおもしろいシーン)

間。

許可されて案内の看護士がついて部屋へ入る。何か読んであげて。と言われる。入口にある新聞を読もうとすると猟奇事件(だったかな)の記事なので困って、(何を読んだか忘れたが、ここもおもしろかった)

男、意識を取り戻す。看護士が、夫の服だといって渡す。後で返すという男に対して、もういないから返さなくて良いと答える。

という流れだった。

恋の予感に震えるシーンで、ムラヴィンスキーの悲愴が流れる(2回ある)。恋(というよりも孤独な生活からの脱却というか)の予感なのだが悲愴という組み合わせが抜群。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|

ジェズイットを見習え