トップ «前の日記(2019-10-27) 最新 次の日記(2019-11-30)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2019-11-09

_ ドン・パスクワーレ

新国立劇場でドン・パスクワーレ。なんと7分入りくらいでおどろく。Aの2F中央で観たのだが、目の前2列に人はいないし、後ろはほぼ無人、ギャラリー席はがらがら、なんともったいない。大した知名度がある作品ではないから、ドゥ・ニースを呼んだのだろうが降番してしまったので埋まらなかったのかな。

ドン・パスクワーレはロベルト・スカンディウッツィという人。アトレだとくそまじめな人がくそまじめだから可笑しみを誘うのだとか主張していたが、なるほど、そういう歌と演技で抜群。というかバスにもコロラトゥーラがあると(この曲は聞いているのだがちゃんとは気付いていなかった)思い知らされた。

メトのポレンザーニ、クヴィエツェン、ネトレプコのビデオだとそうは読めなかったが、ブルジョア革命成立後の、正しいブルジョアジーの在り方を啓蒙する、クリスマスキャロル(1843年)のような物語だったのだな。金持ちはばんばん人を雇い、贅沢な商品を買いまくるのが正しい、というやつだ。ドン・パスクワーレも同じく1843年だから、おれの見立ては驚くほど正しい。

Donizetti: Don Pasquale [DVD] [Import]

(もちろん歌手の布陣からして最強なのだが、おれは今回の新国立の舞台のほうが良かったと思う)

ドゥ・ニースの代役はハスミック・トロシャンという人。金切声になるところがあってそれはすごく嫌だったが、コロラトゥーラはきれいだし、ドン・パスクワーレに紹介されるところで手にした花束をくるくる回したり、威風堂々と叱りつけたりとか立ち居振る舞い含めて、これは良いノリーナで、兄貴のマラテスタのピッツーティという人はうまいのなんのって、実に良い舞台だ。こういうおもしろい作品に人が埋まらないというのは悲しいことだな。特に二幕冒頭のドン・パスクワーレとノリーナの二重唱、曲、演技、歌唱すべてにおいて抜群だったのに。というか、曲の楽しさと歌手の組み合わせの妙とか、愛の妙薬よりも遥かに作品としては優れていると思うのだが、そうはいかないのだな(おそらく内容の啓蒙っぷりが、映画泥棒と同じくマッチしていないからだろう。観劇に金使っている人に金を使えというのは、映画を観に来ている人に映画を盗むなと説教するのと同じといえば同じ構造だ)。

エルネストのミロノフという人はいかにもエルネストで(それにしても、人は良いが無能な甥っ子という設定もクリスマス・キャロルと同じだ)、舞台に立っていると良いのだが、声は好きではない。もっと明るくパーンと響かせる声が良いのだがな。

カーテンコールで出てきた指揮者(ロヴァーリスという人)が、まるで銀行員のようなスーツ・ネクタイで妙におもしろかった。なるほど、そういう時代の作品だ。

舞台美術は4個くらいの中心となるオブジェを壁に見立てて、(これも人力なのかな?)自由自在に動かして場を転換させるのだが、実にスピーディーで、オペラブッファのテンポってこうじゃなきゃな、と感心する。衣装含めて抜群だ。

これだけ力が入った舞台なだけに、観た人が少ないのが、本当に残念だ。もったいないなぁ。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

ジェズイットを見習え