トップ «前の日記(2009-01-06) 最新 次の日記(2009-01-08)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2009-01-07

_ VirtualBoxメモ

VirtualBoxに、Solarisを入れて試していたのだが、どうやってもネットワークにつながらない。調べると、つながらないのではなく、DNSが引けないのだということがわかった。IPアドレスを指定すると繋がるからだ。というか、hostやnslookupがエラーになるし。

しかし、ホストOS側は、別に問題なく動いている。

はて。

NATが悪いのかと思ったが、悪いとも思えない。

resolv.confには、10.0.2.3と、VirtualBoxが用意したNATサーバが正しく設定されているし。

で、結局、ホスト側(Windows Server 2008)に、ネームサーバを正副登録していたのだが、そのうち正のほうが死んでいるのが原因だった。

ホストは副のほうを使って動いているのだが、VirtualBoxのNAT接続では、正側のネームサーバにしか訊きに行かない(という動作)。

ホスト側の副を正に変えて、無事、動作。

_ もさもさ

kitajさんのところを読んでいたら、PILが聴きたくなった。

理由はわからない。

That What Is Not(Public Image Ltd.)

しかし、この末期のPILは、あまりおもしろくはない(おれが一番好きなのは、でも、Happy! だったりするのだが)。

Happy(Public Image Ltd)

(このあたりが、すでに廃盤になっていて、しかし、初期PILが現役だったりするところが、なんとなく嫌な感じ。そんなに昔は良かったのか?)

_ ブロックが無い静的言語

VBをいじっていたら、次のように書けることがわかって、ちょっと気持ちが悪い。
Sub x(arg)
    If arg = 0 Then
        Dim b As Integer
        b = 3
    Else
        arg += 1
    End If     ' 修正
    arg = b
End Sub
argに1を与えると、当然、Else節に制御が移る。たとえばRubyなら変数bは宣言されていないため、最後の文でエラーになる。(追記:嘘でした。ご教示感謝。)
あるいは、Javaなら、最後の文のbはスコープ外なのでコンパイルできない。
しかし、VBのスコープはグローバルと関数の2つしかないため、一見、If節の中で宣言しているようでも、x関数のローカル変数となり、問題なく動作する。この場合であれば、argには0が代入される。
本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
_ 星一 (2009-01-07 04:58)

Ruby でも変数 b は宣言されますよ?<br><br>def x(arg)<br> if arg == 0<br> b = 3<br> else<br> arg += 1<br> end<br> arg = b<br>end<br><br>p x(1) # => nil

_ arton (2009-01-07 08:58)

ってことは、ノードが作られた時点で宣言されるのかな?

_ 星一 (2009-01-07 11:57)

そうなっているはずです。「宣言」という言い方は適当かどうかわかりませんが、定義はされます。 if false; b = 3; end でも定義されます。

_ arton (2009-01-07 16:03)

なるほど。どうもありがとうございます。

_ masa (2009-01-19 13:41)

EndはEnd Ifでは?

_ arton (2009-01-19 23:00)

お、そうでした。どうもありがとうございます。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

ジェズイットを見習え