トップ «前の日記(2006-12-27) 最新 次の日記(2006-12-29)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2006-12-28

_ 最近の大人買い

とべない翼〔完全版〕【上】 (マンガショップシリーズ (132))(真樹日佐夫/梅本さちお)

の上中下をどーんと。激しく後悔先に立たず。

_ かわいい

Renkoo

で、これはSNSなのかスケジュール管理なのか?

_ Exerb

Exerbコアのメンテナを募集中だ。

ASR 1.8.5のExerbが古いのが気になっているだけにメンテナに立候補。

_ メモ(JSON)

(SGML。かっこつきなのはおれがこれっぽっちも当事者じゃないから)、HTML、XMLとくる流れってのは、一貫性がある。データはデータであり、そのデータにメタデータ(属性って言ってもいいけど)が付く。何か操作したければ、その外部に別の何かを持ってくる。ふつうはXSLT。データ+属性というのは、伝統的に筋が良い。おれが当事者であったものを考えても3270(6686)データストリーム、vt100(エスケープシーケンスを表示属性=メタデータとして考えた場合)、JCAとか全銀とか。これらがデータだというのは操作を含まないからだ。もちろん無理やり、vt100のエスケープシーケンスを操作(たとえば「下線をここから開始」とか)とみなすことも可能だけど、それよりはメタデータ(ここから始まるデータには下線が付くよ)と考えたほうが端末の透過性が高い=データとしての価値が高まる。

そうでないものの例として、XML-RPCがある。明示的に操作が意識されている。しかしそれでもメタデータを超えるものではない(ともいえないかな。位置によるデータ属性とみなせるかも)

別の流れがある。S式はご存知のとおり。データ=プログラムだ。リストとして考えればデータそのものかも。でもこのリストはいつだってプログラムと可換だ。これって、ノイマン式コンピュータに実はふさわしい。データもプログラムもデータだ。

その中間にDCE-RPCとかDCOMのMEOWとかのRPCのパケットがある。このパケットの中身はByValであればオブジェクトそのもの、ByRefであればオブジェクトに対する操作の指示。あるいは、HTMLのscript要素とか。jar+MANIFESTなんてのもある。ここにSILのように操作そのものというのを含めることもできるだろう。

美しいのはどちらだろうか? コンピュータが扱うものはすべてデータでありそれはプログラムたりえるのであれば、後の2者。データはデータで独立し、言語から完全に独立で、ハードウェアやソフトウェアに依存するものではないと考えるのなら、データは永遠だがプログラムは一過性と考えるなら、前者。

でもS式は実際にはLISPとは独立している。SILやJavaScriptやその他の移動コードやRPCパケットは微妙ではある。でも、その操作をネイティブに解釈する必要って別にないよね。本来ターゲットとしている言語の仕様が明確であれば。

すると最初のは実はいらぬ苦労をしていたのかも知れない。

でも待て、読めるぞ、人間が。

そこでバイナリー(可読文字以外のコードを含む)を除こう。すると

・XMLに代表されるデータ+メタデータによる言語独立したデータ記述言語のみによって構成されたデータ

・S式

・プログラムテキスト(HTMLのscript要素からSILまで幅広く含む。ではJavaのJarにしたってクライアントにJDKというかJavacが存在する前提であれば実はバイナリで送る必要はコードサイズとかを除けば無いことになり、実はここに含まれる。でも、RPCパケットのうちByRefなものは除外される) というあたりから移動コードとコードそのものの移動として考える。と、S式もやはりここに含まれるのか。 

ここでS式も移動コードとしてくくってしまうと結局次の2種類となる。

・データそのもの

・移動コード

こうやって2元論に還元してしまうとなんのことはない、いつもおなじみの対立に落ち着く。

で、永遠なのはいつだって後者だ。LISPを見よ。でも永遠は実際にはそれほどは望まれているわけでもない。とりあえずの10年もてばよいの法則がなあなあで発動されるからだ。とりあえず10年、その時点で一番みんな(という幻想)がすきなのがなんとなく一番。適当ならその分弾力性だってあるわけだし。

つまりJSONってことだな。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

ジェズイットを見習え