トップ «前の日記(2022-12-29) 最新 次の日記(2023-01-02)» 編集

日々の破片

著作一覧

2023-01-01

_ 正月

テレビで燃えよドラゴンをやっていたので見る。鏡の間の演出はおもしろいが、最後、ブルースリーが老師の教え(虚実について)から本然と悟って鏡を割って片をつけるというのはまったく忘れていた。概念を物理に変えるという実にわかりやすい方法がおもしろい。

そのままテレビをつけていたら、ジムキャリーのイエスマンというのが始まる。これっぽっちも興味を持てないので消そうとしたら妻が、これはおもしろいから観ようというので観たらおもしろかった。

イエスマン "YES"は人生のパスワード (字幕版)(ジム・キャリー)

銀行の融資担当なので(というわけでもなく性格的に、離婚のせいでさらに輪をかけて)ノーから入るネガティブな男がテレンススタンプの自己啓発セミナーで何にでもイエスと言う誓約を課されてしまう。かくして、休日出勤、ギター教室、飛行機操縦教室、韓国語教室、融資、あらゆることにイエスを連発しまくりハッピーになれる(周りも含めて)というコメディ。新しい恋人になるミュンヒハウゼン症候群というふざけたバンドのボーカル(このがらがらのギグに行くのもイエスだし、そもそもの出会いもイエスが原因)と上司の性格付けがうまい。

特に、二人で旅行するのに最初に出発する旅客機がネブラスカのリンカーン行きなのでそこへ行き、他に行くところもないので電話機博物館に行くところが気に入った。そういう旅はおもしろい。が、実際にリンカーンをWikipediaで見るとロシアからのドイツ人社会歴史博物館というもっとおもしろそうな博物館があり、そっちへ行けば観光映画としても楽しめたのになぁとか考える。

その後、妻がお勧めしたので昨日買った大唐泥犁獄を読もうとKindleを開いた。

大唐泥犁獄(陳漸)

すると、ルビーが詰まった脚という妙な本に気付いた。

ルビーが詰まった脚(ジョーン・エイキン)

まったく記憶にないが、昨年の10月に買ったらしい。題も表紙も奇妙なので正月にふさわしいだろうと読み始めたら、これが実に良い。

奇妙な味(ジャンル)の現代的な御伽噺集(フォーマット)だ。

オークションで買った金属製の箱の中から触ることも声を聴くこともできるが見ることができない犬の幽霊が出てくる。飼い猫は声を聴くことと姿を見ることはできるので、この新参者に猫パンチを食らわせようとするのだが、触ることはできないのか空振りしてしまい仰天する。猫が仰天するさまは、以前何かで見て真似をした人間消失マジックを家の飼い猫に見せたので良く知っている。本当にびっくりするのだが、作者も猫がびっくりするところを観察したことがあるのだろう。

そのほか、いきなり空から猫が落ちてきて目の前で死ぬ描写から始まり、あまりにもいろいろなことが起こり過ぎて最悪の選択をしてしまう教授の話。

友人を待ちくたびれスラムの奥にある地獄に迷い込み、地獄のネコを連れて帰る(が、最後、ちゃんといるかどうかを確認しようとするところで物語は終わる)話。

デラメアの長櫃の物語のように、子供たちが消える話。

どれも短くしかし抜群のセンスオブワンダーで楽しめた。良い正月だ。

夜、録画しておいたラオールウォルシュの追跡を妻と観る。普通の西部劇なのかと思ったら全然違う。画面が常に暗い(賭場だけは明るい)。子供の頃に一家を惨殺された男(ロバートミッチャム、まだ若く美しい)がトラウマと戦いながら、執拗に殺そうと仕向けてくる検事が差し向けてくる刺客を倒しながら(常に正当防衛が成り立つのでリンチにかけようとする検事を判事が抑制するし、検事の最初の企ての米西戦争へ出征させることが逆に郷里の英雄扱いとなりその後のミッチャムの行動を支えることになる)恋を成就させる物語だった。

真の主人公は古く誤った道徳観に捉われて(親戚からも、既にそういう時代ではないと批判されるが、一族の権威で抑えつける)ミッチャムを殺そうとする検事のほうであり、どう片をつけるのかと観ていたら、一番収まりのよい最期を遂げて気分が良かった。

追跡 [DVD](ロバート・ミッチャム)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|

ジェズイットを見習え