トップ «前の日記(2011-07-03) 最新 次の日記(2011-07-05)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2011-07-04

_ NetBeansが起動しなくなったら

突然、NetBeansが起動しなくなった。

スプラッシュが表示されたままうんともすんとも言わない。

不思議に思って、スプラッシュをクリックしても何も変わらないが、タスクバーから選択したらスプラッシュの背後に隠れていたメッセージボックスが表示されてCan't Create JavaVMとか文句を垂れている。

おかしい。

とりあえず、コマンドプロンプトから実行してみる。

C:\>"C:\Program Files (x86)\NetBeans 7.0\bin\netbeans"
 
C:\>          …… netbeans.exe自体はローンチャなのだろう。
 
The launcher has determined that the parent process has a console and will reuse
 it for its own console output.
Closing the console will result in termination of the running program.
Use '--console suppress' to suppress console output.
Use '--console new' to create a separate console window.
Error occurred during initialization of VM
Could not reserve enough space for object heap

なぜobject heap用のスペースが不足とか言い出したんだ?

で、突然起動しなくなった理由は、わからないが(覚えていないだけでプリファレンスからヒープの設定を変えたのかな? --しかしそれらしい設定箇所は無いし、たまたま実行時の最大サイズを覚えているとかかなぁ? IDEのプロファイル作成というのが怪しいかも)、とりあえずコマンドオプションを付けて起動してみる。

C:\>"C:\Program Files (x86)\NetBeans 7.0\bin\netbeans" -J-Xmx512m

無事、起動できた。-Jに続けてJVMへ与える引数を設定できるので最大ヒープサイズを512Mにしてみたのだった。

というわけで、JVM Creation Failedとか出るようだったら、ショートカットのリンク先に-J-Xmx(n)m を付けてみると起動できるようだ。

Netbeans Ide 7 Cookbook(Rhawi Dantas) (NetBeans特化の本もあることにはあるようだ)

_ デカルトの夢を継ぐもの

これだと思うけどな。

デカルトの夢 (アスキー・海外ブックス)(フィリップ・J. デービス/ルーベン ヘルシュ/椋田 直子)

デカルト自身の夢は3つから成り立つけど、この本の4ページで次のようにまとめてある。

『第三の夢はすべての学問が統一されることを、あらゆる学問、あらゆる知識がある単一の方法で解明できることを、意味しているという。』

で、それがCだというのは、結構、妥当な意見だと思う。

でもよく見たら、引用している感覚を通じて真理にたどり着こうとすることの困難さをCにたとえているような。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ きしだ (2011-07-05 01:39)

NetBeansのJVMオプションは、NETBEANS_HOME/etc/netbeans.confのnetbeans_default_optionsをいじくればいいですよ。

_ arton (2011-07-05 01:45)

どうもありがとう! 昨日一応確認したつもりだったけど、たくさんオプションがあるので-Xmsを見逃していました。なんと、-J-Xms32mとなっていました。そりゃ動かないだろうなぁ。

_ arton (2011-07-05 01:50)

上の嘘。-Xss2m -Xms32m でmxは指定されていませんでした(で、指定した)。なぜ、急に起動できなくなったのか謎だなぁ。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

ジェズイットを見習え