トップ «前の日記(2010-12-06) 最新 次の日記(2010-12-08)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2010-12-07

_ メモ:WCF Data Serviceのstored procedure

最後のsqlが埋め込みだと、どういう方法か、スキーマを得て、複合クラスを返り値として生成してくれる。

最後が文字列を引数としたexecuteだと、戻り値がないというようなエラーになる。ここで、手動で複合型を定義するとうまく処理されないことがある(表面に見えないコンバータ情報に問題がありそう)。この場合、executeをコメントアウトしておき、ダミーで同じ型というかカラムを返す埋め込みsqlを記述しておけば、変換可能な複合型が生成される。後でstored procedureの方は元に戻しておく。

500が返る場合は、そのままではログがなく、原因を調べられない。以下のようにメソッドを組む。

[WebGet]
public 複合型テンプレート stored_procedure_name(..仮引数名はクェリストリングのキーと一致)
{
    try 
    {
        return CurrentContext.stored_mapped_method(...);
    }
    catch(Exception e)
    {
        eをログへ書き出す
        throw e;
     }
}
}

2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

ジェズイットを見習え