トップ «前の日記(2008-12-28) 最新 次の日記(2008-12-30)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2008-12-29

_ フンパーディンクのヘンゼルとグレーテル

以前買ってそのままにしていたヘンゼルとグレーテルを観る/聴く。

フンパーディンク:歌劇《ヘンゼルとグレーテル》 [DVD]

最初のホルン(4本)が、なるほどワーグナーのエピゴーネンなのだなという感じで、ドイツの森ってこういうイメージだなぁと始まる。

ヘンゼル(メゾソプラノ)とグレーテルって、考えてみると、妹がグレーテルだと思っていたが(字幕もそうだが)、グレーテルがお姉さんのような気も。

で、疲れたお母さんが壺を割って子供に当たり散らして、苺を詰みに行かせる(12の月の物語のようになりそうな気になったが、そういう時期ではない)、その直後にランラララーと歌いながらお父さん登場。このメロディーはやたらと印象的。で、その後は森の中で砂男が出てきて眠って、暁の精(妙に魅力的)に起こされて、白昼堂々とお菓子の家が登場。と続く。魔法使いは堂々たるテノールだがおもしろおかしい演技が要求されるので、結構、大変そうだ。ポーキーホーキー。

センダックの美術は大変すばらしい。怖いとおもしろいの絶妙なバランス。

かいじゅうたちのいるところ(モーリス・センダック/じんぐう てるお/Maurice Sendak)

(絵本作家って、自分が子供のときと、子供が子供のときの20年分くらいしかカバーできないので、巡りあわせってのが大きい)

これは楽しい、いいオペラだった。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

ジェズイットを見習え