トップ «前の日記(2007-05-14) 最新 次の日記(2007-05-16)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2007-05-15

_ 俺は世界やそのカプセルの中身がどうなろうと知ったこっちゃねぇんだ!

いや、そうは言ってもオープンクローズドプリンシプルというものが……

真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日 リマスターBOX [DVD](羽山賢二/永井豪/石川賢)

見てみたい。

_ principleとprincipal

がーん、これまでごっちゃにしてたよ。

(バレエのプリンシパル=その団の色を決定付ける=priciple みたいな理解)

_ うーん

コードがドキュメント

まさにその通り! と思ってた頃もあるけど、最近はそうでもない(やるときはやる)ので、なぜか考えた。

たとえば、こういうのがそう。

const int WIDTH = 80;
const int HEIGHT = 24;  // しかし、こういう例が出てくるところがおっさんだよな
unsigned char* screen = new unsigned char[WIDTH * HEIGHT];
こんなの、3行も使わなくても
const int SCREEN_CHARS = 80 * 24;
unsigned char* screen = new unsigned char[SCREEN_CHARS];
と書けば良いじゃんじゃなくて、1行で
unsigned char* screen = new unsigned char[1920]; // 1箇所しか出現しないリテラルは定義不要という考えの人

と書くほうが簡潔じゃん。とは、考えなく、おれが最初の書き方をするのは、まさにそういうことなんだろうと思う。

にも関わらず、そうでもないのは、おそらく、for文のふつうの書き方では、<=(以下)ではなく、<(未満)を使うからだろう。

for (int i = 0; i < 100; i++)
for (int i = 1; i <= 100; i++)

だと、仮に日本語で「1から100まで」と書いてあっても、手は自然に上の書き方をしているからだ。で、「1から100までプリント」だと

for (int i = 0; i < 100; i++) { System.out.println(i + 1); }
だったり(プリントする時に1を加えているのがバカみたい。だって100回も無用な加算をしてるわけだから)。とはいえ、ケースバイケースなんだが、それでもforは0開始、未満で継続という書き方がしっくり来るのであった(こないだ、違う書き方したら気持ち悪かったし)。

別に結論はない。

(ちょっと思い出したが)eqlフラグが立ち損ねることがごくごくごくごく稀に(じゃなきゃ使えない)発生するコンピュータを使ってたから安全のためにeqlフラグを見ないという習慣があるだけかも。

_ おお、まるでマオの時代の中国のようだ

赤ちゃんポストに男児=3〜4歳、運用開始当日−保護責任者遺棄で捜査

かって、マオの指揮の元、「百家斉放・百家争鳴」政策が打ち出された。今でいう集団知によって、中国を良くしよう、広く意見を募り、論を起こし、かっての稷下のように新しい時代を共に考えようというスローガンだ。

で、何が起きたか。

学生、知識人、果ては農民までが、大字報を壁に張り、社会改革について、政策について、将来の国家の姿について大いに語った。

で、何が起きたか。

右派分子を打倒せよ! と、マオの指導のもと、反右派闘争が始まった。百家斉放・百家争鳴を馬鹿正直に信じた多くの人たちが弾圧された。

赤ちゃんポストっていう名前の掲示板に大字報を張ったら、案の定ということだね。

これが、モラルがないということだ。その国で税金を納める人間をだまし討ちにする行政ってのは、「北洋軍閥より悪い」。

マオは批判が張られるとは考えてもいなかったのだろう。同じくポストに赤ちゃんが置かれるとは考えていなかったのだろう。だったらそれは、自分の愚かさと傲慢さを恥ずべきであり、より良い社会を作るために自ら革めるべき事実として受け入れるべきなのだ。ところが、実際には正反対のことが起きる。愉快ですか?

#でも、3歳が赤ちゃんかというとちょっとそれはポストなだけに定型外という気はするけど。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ ムムリク (2007-05-16 11:18)

うまいですね。>定型外

_ arton (2007-05-16 18:38)

落語っぽい落とし方でしょ。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

ジェズイットを見習え