トップ «前の日記(2007-05-10) 最新 次の日記(2007-05-12)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2007-05-11

_ おもしろいなと思ったドコモ

ドコモ2.0の広告は見てないので、もしかしたらなんか違う展開になってるかも知れないけど、こないだ耳にしたちょっといい話。

無線電話としてケータイは出発したよ。これで、電話は重力から解放されたということだ。

そして、i-modeだ。1対1の音声のやりとりから、仮想空間での多対多のコミュニケーションに進んだということだ。

そして、ついにおサイフの中身をケータイに移動させるとこまで来た。リアルワールドへの回帰。ネットワークショッピング? いや、自分の足で地面の上を歩いてお店に行っておサイフケータイで買い物をしてくれ。

_ 冥王星付き?

例によって、アフィリエイトで誰かが買ったCDに興味が湧く。

ホルスト:惑星(冥王星付き)(ラトル(サイモン)/ホルスト/サーリアホ/ピンチャー/ターネイジ/ディーン/マシューズ/グリトン(ロビン)/グリットン(ロビン)/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/ベルリン放送合唱団)

ラトルはわりと好きな指揮者で、バルトークは良く聴く。

バルトーク:2台のためのピアノ、パーカッションとオーケストラのための協奏曲(カティア&ラベック(マリエル)/バルトーク/ラトル(サイモン)/グァルダ(シルヴィオ)/ドゥルーエ(ジャン=ピエール)/バーミンガム市交響楽団)

軽快感があって、かつ透明、頭が良い(クレバーのほう)印象を受ける指揮者だ。もうちょっと俗にするとアンドレプレヴィンになって、同じような傾向の録音をするわけだが、そういうのってレコード会社の意向なんだろうか。

で、ホルストの惑星というのは、結局のところ、クラシック音楽の伝統とは無縁な(とはいえパーセル、ヘンデル、客人のハイドンと、本当の意味でのクラシックの頃には中心地と言えなくもない)イギリスというヨーロッパの辺境のおかげで、ウィーンの3人組のような自浄作業に取り組むわけでもなくコルンゴルトのように芸術的な亡命をする必要もなく、同じ辺境でもバルトークとかスクリアビンとかプロコフィエフのように何かと格闘するわけでもなく、のんびりとヒバリの声を聴きながら口当たりが良い曲を作りまくれた連中(ヴォーンウイリアムスとかエルガーとか)の一人という感じで大して好きでもないのだが(歴史的にも芸術的にも好きでもないのだが、音楽としてはヴォーンウイリアムスもエルガーもホルストもむしろ好きなところが困るのだが)、たまに聴きたくなることもなくもない。

で、それよりも、ターネイジ(知らんなぁ。だから逆に聴いてみたいわけだが)のセレスに興味を惹かれる。

セレスか。

それよりも、オシリスに向かってとは、なんじゃいと思ったらペガサスの恒星の惑星なのか。

星と音楽ってのは、組み合わせとして興味深い。その場合は星辰と綴るのはギリシャ的なのかも。

八村義夫I:星辰譜(八村義夫/松谷翠/ガヴリロフ(サシコ)/植木三郎/瀬戸揺子/篠崎功子/吉原すみれ/村井祐児/野口龍/オムニバス(クラシック)/増田睦美)

日本で一番好きな作曲家。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ ムムリク (2007-05-11 10:55)

惑星から外されたことへの対応ってことなのでしょうか>冥王星つき<br>なんとなくものの哀れを誘います。

_ arton (2007-05-11 13:15)

元々作曲年から冥王星は入ってなかったはずで、そこでアイキャッチして、とかなんでしょうね。<br>多分、やはりホルストは正しいとか、単なる便乗とかかな。

_ ムムリク (2007-05-11 16:43)

あ!と手元の古いカセットテープには確かにないです。発見前だったのかと検索したらいろいろわかりました。なるほどです。<br>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F_(%E7%B5%84%E6%9B%B2)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

ジェズイットを見習え