トップ «前の日記(2006-01-22) 最新 次の日記(2006-01-24)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2006-01-23

_ マリンスキーリング

神々のたそがれに行った。L2の2列目、それなりに良い場所だった。

#チケットのトラブルを前のほうで展開していたり。名前が刻印されているので爺さんが勝ったり。

全体的に、なんというか、古くさい演出に見える。衣装はおもしろいのだが、ワグナーの孫(ヴィンラントだったか)が、お金がなくて苦肉の策として採用した能方式というか、でっかなオブジェと照明だけで雰囲気を出すという舞台演出。

ハイホーのハーゲンはアルベリヒに引導を渡さない。やっぱりそれがスタンダードなんだろう。このアルベリヒはグラスホッパー物語の主役のような服を着ている。縁の下のコオロギならぬニーベルング族か。

弦はきれいだと思ったが、第3幕のはじめの部分の管はなんか心許ない感じ。人数が少ないのが逆に良いのか弦はきれいなのに、どうも全体としては揃わないように思えた。葬送行進曲とかちょっと辛い。ライン下りは良かったが。(もしかしたら一幕の最初、ノルンが出て来るところが一番良かったかも)

歌はまあ、こんなものかという感じ。ハーゲンは良かった。陰気なハーゲンがジョークを飛ばしたの合唱とかおもしろかったし(しかしすべてがそのまんまなストレートな演出ではある)。グートルーネも好きだ。ブリュンヒルデはちょっとずり上げてるような。ヴァルトラウテは時々聞こえないのだが。

グラーネは居るつもり。薪と火はあるつもり。ワルハラは燃え落ちたつもり。つもり演出なので人間でまかなえる個所は人間でまかなう。ノルンの綱とか、ラインのさざ波とか。(別にそれは後で考えれば爪に火を灯すような演出と言えるけど、見てるときは別に気にはならない)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

ジェズイットを見習え