トップ «前の日記(2006-01-20) 最新 次の日記(2006-01-22)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2006-01-21

_ メロンの気持ち

新宿ブレード・ランナー(MELON/DE MELON)

これ見るとcozoとかDeptとか思い出すね。でもこんなタイトルだというのは知らなかった(LP持ってたくせに)。TRAとか。

ピアニストを撃て〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選5〕 [DVD](フランソワ・トリュフォー/デヴィッド・グーディス/マルセル・ムーシー)

レナの弟の小僧が学校から出てきて友達とふざけながら歩く。その時、唄うのが「メロンメロン、メロンメロンメロン」。

前者はどうでも良いが、後者は常に良い。

窓の下にカメラが移動するとバイオリンを持った少女が映って追いかけるのだがまったく映画に関係しない。

きれいなお姉さんにこまっしゃくれた弟がいて小学校に通っていると、ロシュフォールの恋人たちのブブとかを連想する。

そこで

パースペクティブキッド オンデマンド版 [コミック](ひさうち みちお)

_ 感心した

具体例を経験という形で出し、目的を明らかにして過去、現状、未来について話す。ネタも入れる。周辺の話から核心に入るが、一応、確認は取る。うまい。

麻生外務大臣演説

_ yahoofs

cache.yahoofs.jpっていうホストは、インターネットファイルサーバというかNASなのだろうか。

_ あうあう

Rockit(Herbie Hancock)

なんだか良くわからない技術をどこの馬の骨ともわからん連中が使ってどえらいものを作る。が、ほとんどの人は気にしない。

そこに、文句ない大御所でありながらとても柔軟な人(あるいは従来の手法に行き詰まりを感じている人、あるいはすでに枯渇してしまった人かも知れない――ということはその時点での才能はどうでも良く、高名であるという点だけに価値があるのかも)が、その技術を取り入れて画期的にほとんどの人に見えるものを作る(が、オリジナルほど画期的ではない。しかし市場向けに作る手腕はやはり大御所なので、その意味では画期的と言えなくもない)。

かくしてその技術はメジャーになりメインストリームとなる。

スクラッチ。

でも、時期を逸すると、売れなくなったもんでイロモノに手を出したなゲスめが、というような扱いを受けてしまう(この例では構図の相似が重要なので技術そのものは異なるけど)。

トランス(ニール・ヤング)

でも、実際には真摯に現在と過去、自分と世界を見つめて葛藤の末に生み出したのかも知れないじゃないか。少なくても葛藤があったかどうかは知らないけど、新しい技術を前に目を輝かせて見たり、首をひねってみたりしながら、わくわくしながら、おおまじめにやってる感じが僕にはする。

だから、ニール・ヤングはやはり尊敬すべきミュージシャンなのだ。

_ セルフコントロール

Self Control(Laura Branigan)

それはとっても大事。

80年代の音楽というとこういうのも入るわけか。しかし、確かに、死ぬほど聞かされた覚えがある(というかMTVじゃ必ずかかったし)。

確かに名曲ではある。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

ジェズイットを見習え