トップ «前の日記(2004-06-16) 最新 次の日記(2004-06-18)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2004-06-17

_ ますます謎は深まる

(適宜改行を追加)
read(13, "\0\1\0\271\0\0\4\210\5\310\0\5\0-@\31\3\221\0\22\1\3\3"..., 76) = 76
write(2, "ruby: ../../../src/share/native/"..., 219
ruby: ../../../src/share/native/sun/awt/font/fontmanager/fontobjects/fontObject.cpp:506:
 void fileFontObject::readBlock(size_t, size_t, char *): 
Assertion `(*__errno_location ()) == 0 && count == (size_t) size' failed.) = 219
rt_sigprocmask(SIG_UNBLOCK, [ABRT], NULL, 8) = 0
getpid()                                = 29658
kill(29658, SIGABRT)                    = 0
--- SIGABRT (Aborted) @ 0 (0) ---
+++ killed by SIGABRT +++
SIGABRTですか……なぜ? 上のアサーションに関係してるんだろうか。
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ なかだ (2004-06-17 08:01)

規格上assert()に失敗したらabort()することになってませんでしたっけ。<br><br>説明<br> abort() 関数は、 SIGABRTシグナルを捕獲(catch)されておりシグナル・ハンド<br> ラーが返って来ない場合を除いて、プログラムの異常終了を 引 き 起 こ す。<br> abort() 関数によってプログラムの終了が引き起こされたときには、すべての<br> 開いているストリームは閉じられフラッシュされる。<br><br> このSIGABRTの機能が禁止または無視に設定されている場合は、abort()関数 は<br> それを書き換える。

_ arton (2004-06-17 08:48)

確かに。<br>困ったことに-fを付けてstraceを実行するとまた違う動作をするので、どうにもならなかったり。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

ジェズイットを見習え