トップ «前の日記(2021-11-27) 最新 次の日記(2021-12-05)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2021-11-28

_ 新国立劇場のニュルンベルクのマイスタージンガー

おもしろかった。

エレートはいつも実におもしろい歌手だが(最初に観たウィーンシュターツオパーの総裁引退記念のローゲといい、新国立劇場でのコウモリのエイゼンシュテインといい、ドンジョバンニですら常に軽妙にして洒脱、実に好きだ。ウェルテルの兄貴の印象はあまり残っていないけど)、今回も実に抜群。取り澄ました顔(キートンみたいだ)で提灯パンツに羽根つき帽を被って出てくる2幕だけでもおもしろいが、しかも歌も良い。

次にポーグナーのギド・イェンティンスも良い声。

ザックスのトーマス・ヨハネス・マイヤーは堂々たる貫禄でおおザックスですなという感じ(もっと声量があればなぁ)。

で、エーファが最初まあエーファだし(ヒロインとはいえそれほど見せ場があるわけでなし)と思ったら3幕で大活躍。良い歌手だった。

ダビッドはなんか甲高い声でダビッドっぽいダビッドで、演技も良いしこれでもう少し声量があれば文句全然ないダビッド。

で、びっくりするのが夜警で素晴らしい。

コートナーが実にイヤミなコートナーでこれまたコートナーっぽい(どう考えてもさもしいかも知れないが常にくそまじめに必死なベックメッサーよりも、コートナーのほうが嫌いなのだ)。

それはそれとしてハンス・フォルツが目立つのは「確かに韻を踏んでいる」だけなのではちょっともったいないが、しょうがないのかなぁ。

テンポは遅い。もう少しさくさく流しても良いようには思う。が、今回、トリスタン和音がびっくりするほどトリスタン和音として立ち上がってきて、あれ一体なぜこのハ長調のドンガンドンガンした音楽にこんな精妙なものが紛れ込むのだ? と訳がわからなくなった。もちろんザックスがかって作ったトリスタンとイゾルデについて語るからだし、自己引用という点ではドンジョバンニを真似てみたのかも知れないが、ただ聴いていて今回くらいトリスタン和音を意識したのは初めてだ。この一点に焦点を絞って指揮をしたってことはさすがにないだろうけど。

あまりの衝撃に、確かワーグナーはマイスタージンガーをタンホイザーの後に構想したが実際に作曲したのはトリスタンの後になるわけだが、脚本自体は構想時点からさくさく書いていてザックスがトリスタンとイゾルデに言及するセリフを書いた瞬間に、まずトリスタンとイゾルデを書くべきだと考えたのではないかと想像してしまった。

で、マイスタージンガーといえば、どう演出するかがやはり興味の焦点だ。

ナチスの問題があるのをおそらくカタリーナ自身(ワーグナーのひ孫でありバイロイトの総裁)の手で引導を渡したバイロイト演出の後だと、どの演出家もまじめに取り組み必要があるはずだ。

カタリーナ版では、だらしない年老いたヒッピー崩れのザックスが、生き生きとしたヴァルターの音楽を型にはまった操り人形の劇伴に変えてしまい、一方誤読によりベックメッサーが天地創造を開始しアダムに引き続き自分のエーファまで創造する。この偉業を民衆が理解できるわけもなく、ベックメッサーは追い払われ、つまらない人形劇の伴奏音楽が喝采を受ける。翻然とヴァルターは自分が伝統により殺されたことを悟り逃げ出し、それを羊の皮を脱ぎ捨てて本性を露わにしたザックスが民衆を煽る。

先年のマイスタージンガーでは、ドイツ音楽の伝統者たちがニュルンベルク裁判にかけられる。

でも、ナチス問題についてカタリーナが引導を渡したことで呪縛から解放された、つまり無視できるのであれば、この作品の一番の問題は、ワーグナーの女性蔑視(女性による自己犠牲という奇麗言になるわけだが)なのは間違いがない。それに比べればザックスのour land(英語字幕)の文化に対する思い入れは健全と言えなくもない。

女性による自己犠牲といってもオタク少女が夢見ながら身を投げるゼンダや、夫婦は一蓮托生とばかりに親父の家に火をつけるブリュンヒルデは、それでも自分の意思で動いているから良い。

だが、エーファは父親によって拒否権を与えられているとは言え(この拒否権をマイスター達はブーするわけだが)、拒否したからといって自由意志を尊重されるわけでもなんでもなく、父親の見栄によって音楽の捧げものにされてしまっているのが大問題だ(それに比べるとレーネとダビッドの関係は実に健全に見える――ワーグナーはばかではないので、常にエクスキューズの役割を用意している)。

この演出ではヴァルターはザックスの演説に心を動かされて改心する。正しく本来の演出だ。が、最後の最後、エーファが否を突き付けて、ヴァルターを引っ張ってマイスターが支配するニュルンベルクから逃走する。

これは実に納得感がある良い演出だった。

ワーグナー:《ニュルンベルクのマイスタージンガー》 バイロイト音楽祭2008 [Blu-ray](フォークト(クラウス・フローリアン))

カタリーナ版は演出が優れているだけではなく、フォークトのヴァルターの優しい歌声と破れかぶれのBeck in the townのフォレの怪演も素晴らしい(次の演出ではフォレがザックスになるのもちょっとおもしろい)。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

ジェズイットを見習え