トップ 追記

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2014-10-22

_ 黒船に乗ってウォーカーが来る

ウィリアム・ウォーカーは、閑を持て余していた。心の中はイギリス人への憎悪でいっぱいだった。

南北戦争には興味をもてなかった。それよりも、かってニカラグアを支配したときのように、自分が王として君臨したかった。それもかって見たこともない地で。

再度私兵を引き連れメキシコ湾に上陸した時に、アメリカ海軍最大の外輪フリゲート艦ポーハタンを乗っ取ることに成功した。水兵たちは全員、ウォーカーを英雄視しているし、士官たちもウォーカーの実行力には一目も二目もおいていたのだ。ウォーカーはこの船が日本という太平洋を遥か西へ進んだ先にある国へ行ったことがあることを教えられる。

かくしてウォーカーは中米ではなく、東洋を目指すことを決意した。乗組員たちはかって知ったる浦賀へ向かうことになる。3度目の黒船も熱狂的な歓迎を受けた。ウォーカーは幕府を傀儡として日本を支配することを目論む。

その頃、イギリスは長州藩と戦争をしていた。長州はボロ負けしたが、高杉晋作はうまいこと賠償金を幕府へ肩代わりさせる交渉に成功し、イギリスと同盟を結ぶ。このままイギリス海軍の力を借りて一気に討幕だ。イギリス海軍は九州を迂回し黒潮にのって江戸湾を目指す。途中、薩摩の軍艦が一行に加わる。長崎のパークスが坂本龍馬経由でイギリス海軍と薩長連合を結びつけたのだ。

かくして、伊豆半島を舞台に、ウォーカー率いるアメリカ人傭兵部隊+幕府と薩長イギリス連合の日本支配の戦いの火蓋が切って落とされた。


2014-10-19

_ ドンジョヴァンニ

新国立劇場でドンジョヴァンニ。

タイトルロールをエレールが歌うというのですごく楽しみにしていた。前回のクヴィエチェンも良かったが(まるでプリンスのようなすごい歌手だなと思っていたらメトのスターになってしまったからもう新国立に来ることはないだろう)、エレールは別格だ。ウィーンスターツオパーの総裁引退記念でのローゲを観てからのファンなのだ。

それが予想以上に素晴らしかった(そう来るのかという驚きもあった)。威風堂々、ノーブルで、しかも風雅なドンジョヴァンニなのだ。もちろん歌う内容は下種なのだが、それはドンジョヴァンニだからどうしようもない。

後になってインタビューを読んだら

「まず第一に、ドンは貴族なのです。どんなに汚い面やダークな面を持っていても、彼は貴族ゆえにたいていのものは手に入る身分です。それが手に入らない場合にのみ、実力行使に出る。ふだんは荒っぽくて粗野な部分を出す必要はないと解釈しています」

と語っていて、なるほどと納得すると同時に、自分がイメージした通りの人物像を観客に間違いなく提示できる知性と力量を持つ大した歌手だなぁと感心した。1幕、ツェルリーナに語り掛けるように歌い始めて二重唱になるやつがこんな良い曲だとは思わなかった(というかツェルリーナも良かったのだ)。

レオポッロのマルコヴィンコはカタログの歌のところではなんか声は通らないし、あまり愉快ではないなぁと感じたが、どんどこ良い調子。いずれにしても、2幕でもう飛ぶまいぞこの蝶々の引用のところで、これは知っているというのはずる過ぎる。

演出は前回と同じく、鏡面の水面をゴンドラで登場する。(その前に扉が開くところが美しい)。後ろの幕があくと、水面に建物が影を落とす(前回もそうだったかな?)。

エルヴィーラは声が通る良い歌手。

でも特に良かったのはドンナアンナで、正直なところ(おれはそれほどモーツァルトは好きではないこともあって)ドンナアンナとドンオッターヴィオが歌っている間は休憩時間なのだが、このドンナアンナは素晴らしい。声量があるわけでもなければ、すさまじい美声というわけでもないように思える。しかし、どうあってもこれまで聞いたどんなドンナアンナよりも歌の良さ(そういうものがあるとして)を引き出していた(カルメラ・レミージョという人)。

妻屋は不思議だなぁ。最初にラインの黄金のファフナーあたりで見たときは全然ぱっとしない感じだったのに、実に堂々とした歌いっぷり。

バックステージツアーに当選したので終演後は舞台装置の見学。舞台監督の斎藤さんの話を聞くのはこれで3回目くらいの気がするが実におもしろい。袖から舞台に移動するとすーっと変化するという話は特におもしろかった。(客席後方のマシン室は金魚鉢と呼ぶらしい)

そのとき、おれの頭の中ではムーンバット先生がグラウンドから外に出るところのシーンが想像されたのだった。

フィールド・オブ・ドリームス [Blu-ray]


2014-10-15

_ パーソナルデバイスとパーソナルコンピュータ

hsbtさんが iOS のファミリー共有機能を使ってみたと日記に書いていたので、早速真似をして子供と共有した。

元々はiPod touchを買って(えらく前のことだ。初代のやつだから)、今は亡き(別の会社が出したかも知れないけど、例のとんでも機能を実装してアップルから追い出された)ロングマンを入れて、このてのデバイスを辞書として利用することの良さに目覚めたことに始まるのだが、気付くと、ウィズダムやプチロワ、大辞林が、二代目になる赤いiPod touchに入っているのだった。

というところで子供にiPhoneを買ってやり、未成年だったから、おれのアップルIDでとりあえずセットアップしてやったのだった。アップルIDがおれだから、当然、iPod touch用に買った辞書のたぐいがすべて入って子供も使っていた。

が、子供が成年したので、クレジットカードを作ってやって、自分のアップルIDをとらせたのだ。多分、こうなると、おれが買ったアプリケーションは消えてなくなってしまうだろうと思ったから、買い直してやるよとか言っていたのだが、そんなことはなかった。そのままデバイスに残っている。

が、ここのところiOS8への対応でばんばんバージョンが上がるのだが、その都度、おれのアップルIDで認証が求められて面倒だったらありはしない。

やはり買い直してやるか……とか言っていたところにファミリー共有機能だ。さっそく設定すると、なるほど、App Storeに「購入したものすべて」というタブが出て、それぞれが購入したもののタブへのリストが出てくる。

(しかしカードは共有したくないのだが、iCloudの設定にはiTunes&App Store設定で変えられるとか出ているのに、実際にiTunes&App Store設定にいくと、そんな項目はないんだよな。Apple IDを表示するとお支払情報は出てくるけど、単にファミリー共有ですとか能書きが書いてあるだけで変えられないのが不可思議だ)

で、まあそれで思ったのが、電話だのiPod touchだのはパーソナルデバイスだから、家族全員が持つわけで、そうなら、ソフトウェア(iTunesの楽曲も共有できるようだからコンテンツもだな)は共有させてやっても良いかという、アップルというまさにハードウェア屋ならではの方策だなぁということ。

ふと、パーソナルコンピュータだって、家族がそれぞれ1台持つんだから、マイクロソフトもさっさと家族共有をやってくれれば楽なのにな、と考えたが、パーソナルコンピュータは、家族の共有以上に、企業の共有というよろしからぬ利用がなされる可能性があるから、そんなに簡単ではないのかと思い当った。このへんはアップルは企業用のハードウェア屋じゃないからやれるのだな。

(なら、Androidもやってほしいものだが、これもグーグルはハードウェア屋ではないので、収益はPlayの個々の売り上げの積み上げからなるのだから、共有させたら損ばかりということでやれないのかも知れない。デバイスは別だからなぁとはいえNexusブランドは使用料とか取ってそうだが)

と、各社いろいろな持ち味があっておもしろい。

Fire HDX 8.9タブレット (ニューモデル) 16GB

Kindleマンガ専用になっているiPadの容量が不足しているので、Kindle HDを考えているのだが、マンガ専用になるとわかっているものに5万円は出せないなぁ(普通の本はPaper Whiteで間に合っているし)とまさに金だけが問題で躊躇しているのだった。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ ishisaka [MSもホームネットワークというコンテンツ共有機能あるんですけどね。今一だし、今一なのはMSがコンテンツビジネスで発言..]


2014-10-11

_ パルジファル

新国立劇場でパルジファル。

第一幕はゆったりとしたテンポで進む。オーケストラの音が実に深みがあって気持ちよい。以前、森麻希の歌を聴こうと子供に誘われて府中へ行ったことがあって、その時も感じたが、飯守泰次郎という人はメリハリの付け方が実にうまい。打楽器を本気で叩かせるという印象を受ける(特に3幕だと思うがティンパニを2人で叩きまくるところとか耳に残っている)。

芸術監督に就任していきなり自演でパルジファルのような大作をすごい演出(そう、演出が舞台装置含めて実に素晴らしい)でぶつけてくるところとか、(あるいは細かいことだがロビーにでかでかとお言葉を張り出していたりとか)なかなかの役者っぷりだ。

光の道が本当に光の道で、奥のほうを細く手前を太くしたパネルで構成している。これの各パーツが下へ潜ったり上へ上ったりして道の遠さや困難さを表現したり、人を登場させたりにうまく使っている。最初、プロジェクションで上から光を投影しているのかと思ったが、そうではなくて下から投影しているのかなぁ。白く光ることもあれば、溶岩流のように赤く光ることもあり(第2幕)、3幕最後は緑の草原が広がる。

それとは別に可動式の槍の穂先が右側から突き出して来て、ある時は瀕死(でも死ねない)のアムフォルタスと聖杯(ところで、翻訳が妙に特徴的で、聖杯王と書くのだが、単体についてはグラールと表記する。ホーリーグレイルという言葉を知っているからドイツ語だとグラールなのかなと気づいたが、最近の流行語なのだろうか?)を運んで来たり、2幕の冒頭では魔法の城の中を流れる溶岩の河(まるでスターウォーズの3作目だ)になったりする。

演出のハリー・クプファーという人が提示したパルジファルの世界は実に興味深い。指揮者の音の強調のさせ方もあるのだろうが、まさにワーグナーの集大成といった趣だ。

1幕はマイスタージンガー(楽想に近いものがときどき出てくる)。2幕はヴィーナスベルグを乗っ取ったタンホイザー(これも楽想に近いものがときどき出てくる)が支配する城で、このタンホイザーがアルベリッヒでもあり(パルジファルが迫って来るところを歌うところはローゲみたいだ)、花の妖精はラインの乙女であって、パルジファルは神々の黄昏のジークフリートと重なりながら魔法の薬から逃れたトリスタンでもある。3幕でマイスタージンガーの禁欲的な世界とタンホイザーの誘惑的な世界が止揚されて(さまざまな箇所がウェルズングの楽想に近い)、これぞパルジファルとして完結する。

演出ノートを読むと仏教がどうしたとか書いてあるが、最初から黄色い法衣を着ていることもあり、チベット仏教のようだ。

すると、終幕、聖杯王が望み通りに死(という解釈となっている)に、新たな集団指導体制としてグルネマンツ、パルジファル、クンドリーの三者(もちろん父と子と聖霊を示しているとしか見ようがない)がそれぞれ黄色い法衣をまとう(パルジファルが聖杯城の近くで僧侶から受け取った黄色い法衣――ただしグルネマンツの元へ出現するときはロンギヌスの槍を隠すために使っている――を手品のように3枚に変える)ところが、あたかも共産党支配を脱するチベットのように見えてきて(多分、そのようなつもりはなく、何かの勘違いから仏教の象徴として黄色を選択したのだとは思うが)異様な政治的メッセージになってしまっていてちょっと違和感はある(仏教を持ち出したのは日本受けを狙って失敗したのかなぁとかいろいろ)。

フランツのずんぐりとした丸顔無精ひげ禿頭が、どうにも金正男のように見えて、白鳥を射殺して聖杯城へ連行されるあたりが、まるでディズニーランドにのこのこやって来て捕まってしまった状態で、ユーモラスな味となっている(が、もちろんそんな意図はないはず)。で、このまま金正男かよと思っていると、2幕あたりから立居振舞の立派さ(ジークフリートを歌っていた時も感じたが声は少し小さく感じるのだが、若々しいきれいな声で外見を吹き飛ばす)もあって、普通にパルジファルとなって良かったね、という感じである。

クンドリーが実に美しい(声だけではなく見た目も)。

2幕はクリングゾルが槍を手に溶岩流へ向かって這っている(アナキンだ)ところで始まる。3幕はパルジファルが槍を手に這っているところで始める。演出で意図的に、両者が同一の存在であることを示している。片や自分で肉体的に去勢した男で(その代償として常に槍にまたがっているのだろう。魔女の箒として扱っているのではない。呼び出したクンドリーの脚の間を槍で突く)、片や精神的に去勢されている男(「お兄さん遊んでいかない?」「いいよ、何して遊ぶ?」)だ。その精神的な去勢が無知に根差しているのなら(というか、そういう設定なのだが)、無知な状態にとどめたのはヘルツェライデなのでこれはこれで相当に意味深な設定だ。


2014-10-09

_ 謎の試供品

なんじゃこりゃと妻が叫ぶ。

どれどれと見に行くと、なぜか手にシックの5枚刃を持っている。

「楽天が試供品を送ってきたから喜んで開けたら、これが入ってたんだけど、男物よね」

と渡す。

どう見てもそれはそうだ。

「でも、おれたちが知らないだけで、実は女性の腋毛剃りとかに、シックの5枚刃が大人気とか?」

「ないない」

というわけで、シックを前に考え込むおれたち。

「お前、マーケティングに非協力な人だから、男名前で登録してあるとか?」

「そんなことしたらクレジット使えないでしょ」

「ああそうか……」

というわけで、さらに考え込むおれたち。

「無い無いって言ったけど、やはり女性に大人気とか?」

「こんなごついのを?」

「うーん、女性が剃りまくっているところは見たことないからおれにはわからんけど、なまくら女性用よりも顔に優しいとか、あるいは実はお前以外は全員ブラジル化しているとか」

「とにかくあげるから使え」

「えー」

おれはナイルロジャーズが大嫌いなので当然のようにジレッ人だ。いやなこった。

エヴリバディ・ダンス!(ナイル・ロジャース/シック/オムニバス)

ということは

「髭剃りみたいな生活密着毎日習慣的使用物は、他への乗り換えはほとんど起きないはずだから、そこで夫帯者、つまり既婚女性へ送りつけているという可能性はないかな?」

「そのこころは」

「女性は統計的に吝嗇と言われている。男にいきなり送りつけたら、このナイルめがとそのまま捨てられてしまうのは目に見えている(相手が貝やジレットやウィルキンソンの場合)。つまり乗り換えさせるという使命を果たせない。もともとシックな人で旧型を使っている人なら、試せば、間違いなく剃り味は良いはずなのでグレードアップするかも知れないけど。しかし女性に贈れば話は違う」

「どう違う?」

「今、お前はおれに寄越したじゃないか」

「なるほど。しかしそんな胡乱なことすっかな?」

「楽天の社員用に間違えて大量に仕入れて余ったとかだろうなぁ」

「でも、無差別に送っていたらどう? 独身女性とか」

「気兼ねなく、試してみるかも。ラブラブシェーバーより間違いなく良く剃れるだろうから、新規市場開拓できてラッキーってならないかな」

「こんなごっついの使う気にはなれないと思うけどなぁというかわたしはやなこった。っていうか剃り味は良いはずとか言ってるんだから使えば良いじゃん」

「間違いなく競争しているから良いものを作って生き残っているのはわかっているけど、おれは生まれついてのジレット好きなんだよ。首振り戦争乗り換え組みたいなぽっと出と一緒にされては困る。シックなんてシックオフだ」

というわけで、謎は深まるばかり。

ジレット フュージョン5+1 替刃 12B

それにしても、今初めて剃刀をアマゾンで検索してみたが、店へ買いに行くのがばかばかしくなるほど安くて驚いた。店(安売り店)で買うと8枚+1が安くても2000円越えだから、同じような額で余分に4カセットがついて来る勘定だ(定期便というのがさらに安いがこれは定期便(忘れてしまう)というのがミソなのだろうな)。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

ジェズイットを見習え