トップ 追記

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2015-08-26

_ 赤煉瓦の河鍋暁斎

東京駅の方面に出かける用事があったので、ちょっと早めに会社を出て三菱一号館というとこにある美術館で河鍋暁斎の展覧会を観た。

丸の内側に結構なポスターが貼ってあって興味を惹かれていたからだ。

あのあたりは三菱がやたらとあるので地下道にある地図を見て、丸ビルを過ぎ、キッテを過ぎ、東京フォーラムのほうへ進んで、右手の12番からどこかのビルに入って、そして着いた。

エレベータを降りるなり係員に美術館へ行くなら傘を始末しろといきなり言われて右手を指さされて、見ると出口を出た中庭のようなところに傘立てがあるので、そちらで傘を置いてきたが、ちょっと面食らった。全体に通路が狭いのでなんか余裕があらゆる面で無さそうな妙なところに来たものだと感じる。

で、チケットを買ってエレベータで上へ上って下りると、河鍋暁斎とコンドルの二人展とか書いてあってますます面食らう。コンドル? ポスターにはどこにもそんなこた書いてなかったような。

で、いきなり二人のなれそめやら、上野のお山にコンドルが建てた藝大(違うかも)とか、暁斎が書いた上野の山の地図やらを見る。まだ西郷さんの銅像はなく、東照宮が異様にデフォルメされていて、さらに下に大仏があり(今は無いような、それとも隠してあるのか)清水院があって、面影はなくはない。楽しい。

で、百圓の枯木寒鴉之図を見る。

おお、すげぇ。なるほど、これが「これまでの修行の対価」と嘯いたというやつか、それだけのことはある、と感じ入る。鴉の脚から乗る枝の美しさが素晴らしい。

で、次にコンドルの部屋になり、鹿鳴館の階段とかいろいろあって、結構おもしろい。それでいきなり、そうかこの建物はコンドルの作品だな、と気付く(確認したら合ってた)。おもしろい趣向だ。

で、暁斎の弟子となって英斎と名乗って描いた作品がいくつかあるのだが、一目瞭然までに彼我の違いが明らかで、驚く。

良く線に迷いがないという形容を見かけるが、暁斎の画には線に迷いがないということなのか、と言葉の意味が二人の作品の違いでくっきりと浮かび上がる。

特に比較できるようにしたのか、英斎が暁斎の作品を模写した鯉魚のオリジナル(5匹)と模写(2匹)があり、2匹にするために小魚を配してあり、そこで英斎の構図は悪くないのだが、何が違うというと線が違う。

これが画才というものかと考えながら先を見る。

すると、暁斎の膨大な下絵やら絵日記やら日光スケッチ集(華厳の滝が何個も)が出てきて、さらに説明文として、毎朝、道真や観音を書いて筆先が鈍らないようにしていたとか書いてある。まるで毎朝起きると平均律を通して弾くのを日課としたというバックハウス(だったかケンプだったか)みたいだなと思いながらも、なるほど、それが修行の成果という嘯きであり、迷いの無い線の実態なのであるなとますます感じ入る。

つまるところ書いている量が半端ではない。英斎と暁斎の違いは画才ではなく量の問題なのだと先の考えの間違いを知る(英斎も構図は良いのだ)。

大山倍達の好きな言葉に、「きみぃ、素手で牛を殺すのなんて簡単なことなんだよ。毎日正拳突き100回を10年間やれば良いだけのことなんだ」というのがあるが、まさにそういうことであるなぁ。

コンドルが出てくるのはそこまでで、後は暁斎がたくさん。

絵日記がおもしろいのは(これまた毎日書いていたとのことだ)、途中から頻出する人物については判子を作って押していたという説明で、実際に「ワスレタ町のクアントールさん(というような表記になっているコンドルのこと)」という判子が押してあるページが2つか3つ展示されているのだが、妙にユーモラスであり、明治時代の英語の発音表記もおもしろく、何よりも、毎日絵日記を書き道真やら観音やらを書く修行とは別に、判子で済ませる合理性にしびれまくる。こういう人は大好きだ。

でっかな顔の猫が田圃からにょっきり顔を出して、畦道を行く旅人が二人腰を抜かしている画が、絵ハガキ大の作品なのにはちょっと驚いた(もっとでっかな画だと思っていたからで、ちょっとカントールの群集画の実物を観たときのような驚き)。

幕府と長州の戦争を蛙に見立てた画のおもしろさ。最後のほうに出てくる江戸期に描いた作品には狂の字が多く、狂斎の号も確認できた(なので暁斎と書いてキョウサイと読むらしいが、暁はギョウだけどな)。

姑獲鳥(うぶめ)、多分、尾上というような字が書いてあるから歌舞伎画だと思うのだが、これが凄惨なスピード感(velocityとはこういうことか?)と迫力があり、生首を咥えた狼の生首の異様な色遣い、贋作というか他人の名前を騙って描いている付喪神達。

顔が女陰の鬼が棲む大江山(じゃないような気もしてきたが、どこかの山に修験者の格好をした雷光一行じゃないかなぁ、よくわからない絵巻物)の春画が、あまりに奇妙でなんじゃこれ? と何度見てもなんだかわからない。

春画と言えば、12月それぞれを描いた絵ハガキみたいなのがあって、そのうち1枚、でっかな何かの中に入って男の顔だけ出ているのがやたらと印象的なのだが、観たそのときはそれが何月でそれは入っているものが何だからとわかったのに、今思い出そうとしても出て来ないのがおもしろい。

その12月のを見ていて、なるほどわらい絵とはこういうことかと思わず笑いそうになる。やっと心から納得したが、あまりにもすべてにおいて極端なので一笑を誘うということなのか。

と、朝から晩まであらゆる画を書きまくっていた(いきなり当日200枚書いたというような説明文もあった)おかげで融通無碍の境地に至った職人というか技術者のことを、画師と呼ぶのだなと考えた。

良いものを見た。

反骨の画家 河鍋暁斎 (とんぼの本)(狩野 博幸/河鍋 楠美)

(この画の実物が意外と小さい)

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ klmquasi [上野の大仏様はいまは顔だけになっておいでです。]

_ arton [おおそうなのですね。今度行ったら探して拝んできます。どうもありがとうございます。]


2015-08-24

_ 死せる王女のための孔雀舞

題名から衒学的でちょっと恥ずかしいっぽいし、SFでもないので出た当時は完全にスルーしていたのだが、金星樹と一緒に買ってみて(どちらかというと目当てはワン・ゼロの習作らしい夢喰いだったのだが)、読んで完全にノックアウトされた。

大傑作だった。もしかすると佐藤史生の作品の最高峰かも知れない。

雨男、死せる王女のための孔雀舞、さらばマドンナの微笑、我はその名も知らざりきの4連作だ。

雨男は相当辛い性格の女子高生(最初は書き方もあって中性的なのでなんだかよくわからない)が荒れ果てた庭をスケッチしているところに青年がやって来て、二人の過去が浮かび上がってくるという微妙な心理を描く妙な作品。かっては天才少女だったが、それを封印したおかげで普通の子供として振る舞えるようになり、でもその代わりに才能は失くしてしまったというそこだけはわかりやすい設定。

それが一転次の死せる王女のための孔雀舞で従妹がイギリスからやって来て心理ホラーとなる。次々と判明する新事実。とはいえ収拾が付いて、1作目で過去との折り合いがつき、2作目で家族との折り合いがつく。

で、3作目を読むといきなり雰囲気が変わり、ここから別の物語になるのだなと思う間もなく同じ女子高生が出てきて、おや連作の3作目かと驚く間もなく孤独な魂が共鳴する女子高生同士の友情の話になるのかと思いきや、もっとどろどろした話に入り込んでいく。

そして4作目となり(今度は最初から続きとわかる)、大学進学を前に雨男との関係が曖昧なまま、家族の友人の私塾を営む助教授が出てくることでまた新たな世界が見えて人間関係の見直しがやってくる。ついに主人公の恋の話になる。しかしそれは当然のように感じるそのままではない。分析して理解して許容して解放される。そして比較的幸福な未来が見えかけるところで終わる。

幸福になってもらいたいなぁ。

1981年から1982年に今は亡きグレープフルーツという雑誌に発表された作品。

つまり、あの1980年代はこの作品によって始まったということだ。

死せる王女のための孔雀舞 <佐藤史生コレクション>(佐藤史生)

当時は読まなかったが、今読んでも十分に間に合った。

一方、元々の目当てだった夢喰いは、本人の習作というよりも、読者が着いてこられるかの観測気球なのかな程度の作品だった。

それにしても、雨男(これでは単行本の題にはならないので、どこまで最初は本気で連作を作る気だったのか謎だが)の連作は素晴らしかった。

Ravel: L'œuvre pour piano [+digital booklet](Jacques Rouvier Théodore Paraskivesco)


2015-08-22

_ アルゴリズムのバイブル 準数値演算

アスキーというかドワンゴの鈴木さんからThe Art of Computer Programmingの2分冊目を結構前にいただいたのは良いが内容が内容だけにずっと玄関に放っておいて先日やっと重い腰を上げて開けた。

というわけで買うべき本ではあるのだが、せっかくもらったのに大喜びで封を切って読みはじめたわけでもない僕がいきなり買えというのは道理が通らない。

もちろん、このシリーズを買うことは技術書の未来への投資という大事な側面があるから、そういう志がある人は黙っていても買うだろう。

でも、そうでない人にとって、本書の購入価値についての検討材料は書くべきだと思う。

この巻は副題がSeminumerical Algorithms(日本語版だと帯みたいに見える表紙の緑の部分に「準数値演算」と書いてある)で、原書3版に相当する。

ドワンゴ再版シリーズなので、以前アスキーから出た時と同内容だが、出版後見つかったタイポ、誤植、誤訳などは修正されている(多分、鈴木さんの手元には読者から送られてきた膨大なバグ情報というかプルリクエストがあるのだろう。というか間違いなくあり、それらがパッチされているということだ)。したがって、以前購入した人は買い直す価値はある。

さて、僕が本書の封を切るまでの腰が重かったのは本が厚いってのもないわけではないが、内容が内容だからだ。

本書は2つの章からなっている(数表とか演習問題の解答(これだけで185ページもある)もある)。最初が第3章「乱数」、次が第4章「算術演算」だ。

ただ、以前眺めてそのまま書棚に返したときと違って、今、あらためて読んでみると純粋におもしろい。

以前本書をスルーしたのは、役に立たないと考えたからだ。

まず乱数ならば、rand()を呼べば良い。

基数変換は%dとか%xとか%oとかしてやれば良い。

算術演算にいたっては考える必要すらない(とは言え、1990年代には32ビット整数を16ビット整数で割るために256進法の関数を作る必要が出て来たことがあったけど)。

その状況は今ではむしろ大きくなっている。多項式の演算であればOctaveでもなんでも使えば済むし、64ビットの算術演算がネイティブで実行できるし、規格化された倍精度浮動小数点数演算は何も考えなくても使える。

したがって、おそらく純粋に本書が必要でしょうがない人がいるとしたら、きわめて低レベルなところでOSやコンパイラを作ろうとしている人くらいではなかろうか。

そもそも序に

「より高水準の」数値解析に携わる人々から見れば、この巻で扱う内容は、システムプログラマの領域である。「より高水準の」システムプログラミングに携わる人々から見れば、この巻で扱う内容は、数値解析学者の領域になる。

とある。その他の人びとにとっては、つまり単なる漬物石か? 多分そうだ。

でもそればかりでもない。演習問題についての注意にあるが

演習問題は本書の重要な構成要素になっている。教育効果が上がるように演習問題には工夫を凝らしてあり、ためになるばかりではなく、おもしろい問題を選ぶようにしている。

そして200ページ近い渾身の解答が用意されている。

ようするにこういうことだ。

バッハ:ゴルトベルク変奏曲/14のカノン(高橋悠治/バッハ)

ゴルトベルク変奏曲は聴くのも弾くのも楽しい。

本書の適当なページを開き、本文を読み演習問題を考えてみる。M2xくらい(Mnxという形式で問題のレベルが示されている)の問題を解いてみる。もしかすると寝る前に考え続けてみるくらいかも知れない。M3xに挑戦してみたりしてみる。

そうやって末永く楽しめるのは間違いない。

The Art of Computer Programming Volume 2 Seminumerical Algorithms Third Edition 日本語版(Donald E.Knuth/有澤 誠/和田 英一/斎藤 博昭/長尾 高弘/松井 祥悟/松井 孝雄/山内 斉)

追記:達人出版会からPDF版も出ています


2015-08-21

_ 金星の樹の木陰

アマゾンを眺めていたら、唐突にお勧めに萩尾望都が出てきた。それで思い出して佐藤史生を調べたら(フラワーコミックなんかで結構手元にあるのだが、ワン・ゼロはどこかに失くしてしまったとかいろいろあってkindle本になっていたら買い直しても良いなぁと思ったのだ)、復刊ドットコムで出まくっているのを知った。物理的な本は場所を食うから嫌だなぁと思いながらつい手を出した中に、金星樹があって、これは持っていたような記憶があるのだが本棚に見つからなかったので注文したのだが、実際には完全なまでに初見だった。

激しくおもしろかった。し、衝撃を受けた。

冒頭に収録されている『星の丘より』だ。

画が拙いなぁと思ったが、しかし物語のうまさに当然デビューした後に夢みる惑星の前日(といっても数千年以上前)譚として書いたのかと思ったら、筆者後書きを読むとデビュー用の持ち込み原稿だというのだ。いきなりこんな作品を書いてしまうってどういうことなのだろう? (SFではデビューさせられないということで実際のデビュー作は別の作品らしい)

テレパシーを持つのが普通の人間という世界が滅びかけている。生まれてくる子供たちのミュータント率が上がっているのだ。ミュータントはテレパシーを持たず、孤独な世界で泣きながら生まれてくる。王家の待望の皇子もミュータントだった。そのため、ミュータントの村に送り込まれる。そこではテレパシー能力を持たない人々がその代りに科学という体系を作ることで生存方法を見つけて暮らしている。彼らは水に溢れた第3惑星への移住を考えている。

1977年に発表されたということは書いたのは1976年あたりかも知れない。重要なのは、ここで書かれたミュータント達が独特なセグメントにあることだと思う。

青い犬という奇妙な味の作品について後書きにはデビューして3年目の作品とあるけど、3作目の書き間違いとしか考えられないが、どうしてそういう書き間違い(誤変換とかできる時代ではない)をしたのかが不思議だ。

一角獣の森でという作品が当時の少女漫画の表現的な限界をいろいろ考えさせてくれるのがちょっとおもしろかった(作品はなかなか奇妙な味わいがあってそれはそれで少女漫画らしいのだけど)。

それにしても、レギオンというルシフェルが神々に戦いを挑む作品についての解説が楽しすぎる。宗教団体のパンフレットをつい買ってしまって読んだところ、神の千年王国の退屈さにゾッとして作品になったというようなことが書いてあるけど、それでルシフェルが実に楽しそうに反逆しまくるわけか、と納得してしまった。本当に楽しそうなのだ。(それは青い犬もそうだし、一角獣の森のミュータントもそうだ。佐藤史生の作品は、そういえばどれだけ悲惨な感じの物語でも、主人公たちは実に楽しそうだなと気付いた。自分の立ち位置の悲惨さを客観的に楽しんでいる登場人物を作家として客観的に作品として定着させていくという構造が、読者のこちらにとって客観的に見えるところがこの作家の実に良い点なのだろう)

金星樹 <佐藤史生コレクション>(佐藤史生)

あらためて才能の大きさに舌を巻きまくった。


2015-08-20

_ Ruby-2.2.3

なんか気のせいのような気もするのだが、速くなってないか?

(tDiary(これは変えていない)の編集ページが出るのが速くなったように感じる)

_ Windows10で気に入ったところ

全体としてはあまり気に入っていない。最初の瞬間はいつも、使わないスタートが出てきて泣いた夜だが、実際にアプリケーションを選択して起動するときは、Windows8(8.1)のばかでかいメニューは素晴らしく使いやすかったからだ。10のは小さすぎるし、既定で入っている無用なカテゴリに対するカテゴリーキラーを見つけられなくてうんざりだし、とにかく今のディスプレイに対してせこまし過ぎて使い辛いったらありはしない。どこのホークアイがスタートメニュー復活とか懐古趣味な復活の呪文を唱えているのだろう?

でも、唯一気に入った点があって、それは待ち受け画面に出てくる写真が素晴らしくみょうちくりんなことだ。

むじゃむじゃな木の中の道だのわけがわからないぶにょんぶにょんな風景だの奇天烈にがつんがつんした岩ごろごろだのが使おうとするたびに出てきてそのたびに度肝を抜かれる。世界は広く人生は短い、こういう風景を見られるのは実に楽しい。

そこだけだ。

Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ arton [なんにしても設定をいじるかという気にさせてくれたことは感謝> karuakun]

_ karuakun [解決なされたようで良かったです。 タブレットモードの切り替えは、デフォルトの設定であればアクションセンターから変更..]

_ arton [ありがとうございます。]


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|

ジェズイットを見習え